娘の接客

66歳のお父さん。
閉店後にふらりと寄って下さり、
テイクアウト窓口から玄米おにぎり3種買ってくださる。
今握るので中で、と店内でお待ちいただく。

ムスメちゃん、最初は私にピタッとくっついていたけど、
私がお父さんと“千住猫談義”してたからか
だんだんにこにこになり、ついに接客が始まる(*^^*)

「どれかいすすわってくださーい」

おにぎり出来たら「おいしーよ?」

帰られる時には「ばいばーい!またあしたねー!」(^_^;)

接客上手な娘で助かっています(^_^;)

公式HP https://cotoca-senju.jp

この記事を書いた人

cotocaのおかあ
cotocaのおかあ
ソウゾウびと。一児の母。
トゥクトゥク家族🛺
こそだて喫茶cotoca創業。
東京本店の元店長。
→コロナ禍マルタ共和国移住→
宮崎県に自給自足移住。
古民家改修中。別館稼働中。
毎日=わくわく。日常=非日常。
【特技】聴くこと。つくること。
繋げること。
想いを現実化させること。
誰かの人生の後方部隊。広報部隊。
目には見えないものを扱っています。