【安倍晋三の国葬に反対します】 We oppose Shinzo Abe’s state funeral.

賛同しました。
署名プラットフォーム本文を掲載させていただきます。
※英訳はコメント欄へ
I agreed.
I will post the text of the signature platform.
* For English translation, go to the end of the sentence
政府は、安倍晋三元首相の葬儀を「国葬」として秋に行うと発表しましたが、
法的根拠となる国葬令は昭和22年(1947年)に失効しています。
安倍晋三の死に対し、
マスコミはこぞって民主主義に対する冒涜だと繰り返しますが、
民主主義を冒涜してきたのは安倍晋三自身ではないのでしょうか。
犯人の山上徹也は安倍の政治信条に対する犯行ではなく、
安倍が統一教会の広告塔だったが故に
霊感商法の被害を受けた母親に対する私憤で殺したと述べています。
政治学者の姜尚中氏によると、
『安倍晋三元首相は生前、戦後レジームからの脱却をかかげ続けた。
そのために、日本国憲法に敵意すら抱き、
自由と民主主義の価値観の共有を標榜しながら民主主義を否定し、
さまざまな壊憲を強行した。
秘密保護法、集団的自衛権の行使容認、それを法制化した安保法制(戦争法)の強行、
共謀罪の強行、検察庁法の改定による検察トップ人事介入の試みなど挙げればきりがない。
さらに森友学園問題、加計学園の獣医学部新設問題、
「桜を見る会」問題にみられる国政私物化、
河井夫妻の選挙買収事件での1億5000万円の資金提供問題などは
いまだに未解明のまま残された。
また、歴史認識問題では過去の侵略戦争を美化し、
植民地支配について反省も謝罪もせず、歴史捏造と歴史修正主義の立場に固執し、
日韓関係改善に障害を持ち込んだ。』と述べています。
事程左様に安倍晋三は平和憲法を破棄して
防衛費と称する軍事費をGDPの2%(米・中に次ぐ世界3位の規模)とし、
戦争の出来る国へとこの国を導こうとしていました。
そんな野望を持った男の国葬は、
ヒットラーの死を国葬にするのと同じくあってはならないことであり、
それ故、法的根拠のない安倍晋三の国葬には断固反対します!

The government has announced that the funeral of former Prime Minister Shinzo Abe will be held in the fall as a “state funeral” ,but the legal basis for the “state funeral” expired in 1947. The media all repeat that Shinzo Abe’s death is a lasphemy against democracy, but isn’t it Shinzo Abe himself who has blasphemed democracy,The criminal, Tetsuya Yamagami, states that he did not commit the crime against Abe’s political beliefs, but that he killed him with indignation against his mother, who was victimized by the fortune telling fraud because Abe was the advertising tower of the “Touitu Kyoukai”(Unification Church).

According to political scientist Kang Sang-jung, “Former Prime Minister Shinzo Abe continued to break away from the postwar regime during his lifetime. To that end, he was even hostile to the Constitution of Japan, denying democracy while advocating sharing of the values ​​of freedom and democracy, and forcing various constitutional destructions. The secret protection law, the permission to exercise the right of collective self-defense, the enforcement of the security legislation (war law) that enacted it, the enforcement of conspiracy charges, and the attempt of the prosecution’s top personnel intervention by amending the Public Prosecutor’s Office Law are endless. Furthermore, the issue of Moritomo Gakuen, the issue of establishing a new veterinary school at Kakei Gakuen, the privatization of national affairs seen in the “Sakura wo Miru Kai” issue, and the issue of funding 150 million yen in the election acquisition case of Mr. and Mrs. Kawai are still unclear. Left untouched. Also, on the issue of historical awareness, he beautified the past war of aggression, did not reflect on or apologize for colonial rule, stuck to the position of historical revisionism and historical revisionism, and brought obstacles to improving Japan-Korea relations. “It has said.

On the left side of the story, Shinzo Abe abandoned the Peace Constitution and set military spending called defense spending at 2% of GDP (the third largest in the world after the United States and China), trying to lead this country to a country where war is possible. board. The state funeral of a man with such ambitions should not be the same as making Hitler’s death a state funeral. Therefore, I strongly oppose Shinzo Abe’s state funeral, which has no legal basis.

この記事を書いた人

cotocaのおかあ
cotocaのおかあ
ソウゾウびと。一児の母。
トゥクトゥク家族🛺
こそだて喫茶cotoca創業。
東京本店の元店長。
→コロナ禍マルタ共和国移住→
宮崎県に自給自足移住。
古民家改修中。別館稼働中。
毎日=わくわく。日常=非日常。
【特技】聴くこと。つくること。
繋げること。
想いを現実化させること。
誰かの人生の後方部隊。広報部隊。
目には見えないものを扱っています。

コメントを残す