忘れないで

今日公園で居合わせた、鉄棒で遊ぶ兄妹さん。
共に小学生くらい。

妹さんの方が目を見張る運動感覚の持ち主で、
逆上がりを始め、高い鉄棒に座ったり
色んな技を軽々とやっていた。
お兄ちゃんは、そんな妹を素直に認めて
「なんだその才能すげーよ!」
とか言いながら、自身はまだできる気配のない
逆上がりに果敢にチャレンジしてた。

で、「あちー!!」ってお兄ちゃん。

それまでもその兄妹さんには隣で旦那が
ちょこちょこアドバイスとかしてたから、
私は思わず声を掛けた。
「マスク苦しいんじゃない?」って。
(だって今日の気温で、一生懸命な鉄棒で、
マスクがぴた!って張りついてるんだもん…)

お兄ちゃん、妹さんの方も、一瞬固まってた。
一瞬だけ固まったあと、
彼らは何も答えなかった。
今まで通り、何事もなかったかのように
鉄棒を続けた。

「マスク忘れてた」のかもしれない。
「苦しいの忘れてた」のかもしれない。
「外すなんて怖いことできない」のかも、
「触れちゃいけないこと」になってるのかも、
いやいやそれ以前に知らないおばさんが
いきなり話しかけて来てびっくりかも σ(^_^;)
色んな可能性がある。

驚きなのか、拒絶なのか、違う感情か、
でも「躊躇った」
ことだけは、その一瞬でよく伝わった。
(本当にこどもは素直!)

だけど、私が彼らに聞いたこと、
間違ったことをしたとは思ってない。

だって、単純に、苦しい筈だから。

こどもが「し続ける」事での
心配な要素はたくさんあるけど、
そんな理屈抜きに
夏の炎天下の屋外で運動しながらマスクって
暑いよね苦しいよね
って
暑いなら苦しいなら取って良くない?
って
そう思ったから。

小学生なら、
今この時親と離れているなら、
自分の考えで行動する事は
許される筈だから。

一般的な大多数の意見とは
違うかもしれないけど、
そういう大人も居るんだって
違う意見もあるんだって
それを一瞬でも、違和感でも、
感じられたなら意味がある
そう思ったから。

そして。
もし暑いならもし苦しいなら
取らなくてもいい、
自分のその感覚を信じて欲しい
どうか忘れないで欲しい
とても強く、そう思った。

こそだて喫茶cotoca
03-6320-2736
OPEN 10:00-17:00
CLOSE 土・日・祝日
※講座・イベントのある土曜は営業

#足立区 #北千住 #子育て #シェアハウス #こども #保育園 #幼稚園 #小学生 #赤ちゃん #こどもの居場所 #遊び場 #お座敷 #お子様歓迎 #キッズスペース #モンテッソーリ教育 #知育 #無添加 #無農薬 #手づくり #オーガニック #ヴィーガン #アレルギー #グルテンフリー #量り売り #脱プラ #ゼロウェイスト #地球環境 #防災 #ステロイド