シェア【そもそも、なぜ感染するのか】

じっくり考えるのによい機会と思う。
シェアさせていただきます!

今、日本のあちこちで
素晴らしいイベントの中止が検討、決定されていて、とても残念です。

恐ればかりを煽り、
そちら側の情報ばかりが流れる報道に
私たちはつい気を取られがちですが、

どんなに強い菌も、微生物たちが集まれば、
見事に調和を図り、溶け合うことで
細胞を傷つけ生命を脅かす感染に至ることはありません。

そのためには
腸内の常在菌(微生物)を増やし、
その微生物たちが活発に働けるための熱(体温)をしっかりと保つことだと思っています。

世間では感染力が強いという認識を持つ
「O157」も専門家によると、実はとても弱い菌だそうです。

それが流行ると言うことは、
いかに人間の免疫力が日頃から低下しているかという現れだと思います。

キーワードは
『微生物🦠による発酵』

大地の土壌も、人間の腸内も
仕組みは全く同じで宇宙そのものだと感じます。

敵対される菌(ウィルス)も
殺そう!とすれば、刃をむいて向かってきますが

大勢の微生物🦠たちが集まって
「仲良くなろうね💕」と癒し、溶け合おうと
すれば、喜んで調和し、
危険なウィルスとしては消滅してしまいます。

逆にそんな風にニュースで報道され、

腸内の微生物🦠を増やすためには
ミネラル豊富な「発酵食」をしっかり食べ、
体を温めれば良い事が、情報として広がれば、
世の中は不安ではなく希望に溢れると思います。

不安に晒される社会の中で、

私たちはどこに目を向け
どんな未来に向かいたいのか

今一度、しっかり立ち止まって見極め、決断し、
行動することがとても大切だと感じています。

今日から群馬に伺います。
明日の群馬フォーラムでも、子どもたちと地球🌏の幸せな未来に向かうための「道標」を
しっかりと立てられるよう、心を込めて
精一杯お伝えして参りたいと思います。

明後日24日は、町田市にて、
どう出版さん主催の出版記念講演会に伺います。

こちらは会場の皆さんからのご質問を受ける形で、たくさんお話出来るのを楽しみにしております🌸🐝🌏✨

国光美佳先生とともに
多くの方々とのご縁を楽しみにしております❤️

フーズフォーチルドレン実行委員会
ホームページ
https://www.foods4children.org/