シェア【愛媛・伊方3号機 制御棒引き抜くミス】

なんてことだ…

シェアさせていただきます。

伊方3号機 制御棒引き抜くミス

伊方3号機 制御棒引き抜くミス

定期検査中の愛媛県伊方町にある伊方原子力発電所3号機で、12日午後、核分裂反応を抑える「制御棒」1体を誤って引き抜くミスがありました。
放射性物質が漏れるなどの影響はないということで、四国電力が原因を調べています。
四国電力と愛媛県によりますと、定期検査中の伊方原子力発電所3号機で12日午後1時半ごろ、原子炉から、核分裂反応を抑える「制御棒」1体が引き上げられているのを監視カメラを見ていた作業員が気付きました。
その後、もとに戻したということですが約7時間引き抜かれた状態が続いたということです。
「制御棒」は、全部で48体あり引き抜かれた1体以外は原子炉に挿入されたままで、放射性物質が漏れるなどの影響はなく、核分裂反応は安定しているということです。
当時原子炉から燃料を取り出すため原子炉のふたを引き上げる作業が行われていて、本来ふたと制御棒は切り離された状態で行われますが1体だけつながったままだったということです。
作業員はセンサーで制御棒が切り離された状態になっていることを確認したと話しているということで、四国電力は、「今後は原因の究明に努め安全を最優先して再発防止に努めたい」としています。
3号機をめぐっては前回3年前の定期検査で、保安規定に反した点検作業が行われていたにもかかわらず、見過ごされるミスも起きていて、四国電力の安全への対応の甘さが問われています。