【LINEからcotocaだより Vol.2】

毎月10日・20日・30日。
LINEにご登録頂いているみなさまに、
ランダムで配信していますcotocaだより📮
第2回目の今日は「腐らないハンバーグ」です。

添付の画像は、「給食改革」で有名な
長野県の元校長、大塚貢先生が
保存していたもの。
2011年の賞味期限ですが、
私が2019/10/6に見た時も
原型を留めていました。
(若干水は出ていましたが)

家庭で普通に作ったものは、
長くても1週間持たないですよね。
それが、8年…
これが保存料などの
「添加物の力」なんですね。

コンビニ、外食、
レトルト食品や加工食品、
スーパーのお惣菜にも含まれる添加物。
常食し、体内に蓄積されることで
こどもたちの腸内環境を汚し
アレルギーやアトピーを発症、
精神面や学力面にも支障をきたします。

知らない方も多くいますが、
ベビーフードなどにも含まれる
「◯◯エキス」「調味料」「ビタミンC」
も添加物の一種。
『台所にある調味料ではないもの』
は全て食品添加物なんです。

企業は利便性、保存性を高め頑張っています。
売れるから、作っています。

食品の裏に書かれている成分表示は
必ずチェックして購入したいですね。