シェア

中高生では遅い。子どもが体験すべき「小さな危険」と「小さないたずら」

「遊び」というと大人にとっては悪いこととも思われるものですが、子どもを健やかに育てるためにはとても重要なもの。そして、子どもがしっかり遊べるように、遊びを大事にする大人を増やそうと活動しているのが、2010年に設立された「一般社団法人TOKYO PLAY」。その代表理事・嶋村仁志さんは、当然ながら「遊びの達人」。子どものときにどんな遊びを経験しておくべきなのか、その遊びへの親の関わり方も含めて教えてもらいました。

構成/岩川悟 取材・文/清家茂樹(ESS) 写真/玉井美世子(インタビューカットのみ)
冒頭写真提供:嶋村仁

続きはコチラ↓

https://kodomo-manabi-labo.net/hitoshishimamura-interview-04

[こそだて喫茶cotoca]

東京都足立区千住2-18

03-6320-2736

access

open 9:00-17:00/close 日・月・祝日