農薬の話

農薬について、とある記事のまとめ。

食に関して学んでいることの裏付け。

だから有機野菜を選んだり、食品表示を正しく理解したり、不要なものは出せるカラダを作る食事にしたり… なんだよね。

知れば知るほど、本当に今の日本の食環境は恐ろしいな。。

*科学的にいえば農薬は向精神薬と同じで、脳細胞その他を死に至らしめることがわかっている。

すぐに影響が出ず蓄積されていくというのがポイントで、あとになって弊害をもたらすというのが共通している。

*中国の野菜より日本の野菜の方が怖い。日本は農薬の基準値が世界一高い。

*農薬は大きく三種類に分けられる。

①有機リン系

神経系・呼吸器系に影響する化合物。第二次世界大戦前後から殺虫剤として農薬に使われている。河川に流れ浄水場から水道水に入ってくる。

神経ガスとしてサリンは親戚とも言え、アルツハイマーの薬とも同じ作用機序。

②ネオニコチノイド系

神経を興奮させ続けることで昆虫を死に至らしめる。自然の山の水・湧水などには既に大量のネオニコチノイドが混入している。

③グリホサート系

除草剤「ラウンドアップ」の有効成分で、あらゆる植物の成長をストップさせる。その耐性を持つのが遺伝子組み換え作物。双方の開発とセット販売をして儲けるのがモンサント社(米)。

※画像はお借りしています