[お腹の中から始まっている]ことばの獲得

私もマスターインストラクターをさせていただいている「輝きベビー®︎」のメソッド。

メソッドの「9つのメガネ」(http://tensaikosodate.com/?p=730)で言うところの「ことば」が得意なムスメちゃん。これはお腹にいるとき&生後すぐからの声掛けの成果と思う。

私は胎児の頃から彼女の人格を尊重していて。というか単純に「この子は全部感じてる。言ってることをわかってる」って、私がなぜか疑い無く信じていて。

それで妊娠中はずーっと普通に、旦那さんや友達に話すのと全く一緒の感じで話してた。私がしてる事、目に映るもの、全部紹介していた(声に出してお話していた)。

「今日は寒いねー」

「お花が咲いてるよ。これは桜。ベビちゃんが産まれてくる“日本”ていう国の人達が大好きなお花でねー、すぐ散っちゃうきれいで儚いお花なんだよー」とか。

「今お母さんお料理中。今日は肉じゃがですよー」とか。

胎児は5ヶ月で音が聞こえ、7ヶ月からはお母さんの声を聞き分けるというし、骨伝導で伝わっているらしい。私は妊婦の時そんなこと全く知らないでやってたけど、それらの効果は妊娠中には既になんとなく感じてた。

「伝わっていた」。それを裏付けるエピソードが3つある。

1. 1週間の言い聞かせで逆子が治った

2. 言い聞かせ通りの日付で産まれて来てくれた

3. スルッと安産で産まれて来てくれた

特に2.の生年月日については、かなりそうだと信じてる。

私は彼女に「出来たら2月7日に出ておいでねー」って言っていた(お願い?してた)。

…っていうのは、私が昭和52年5月2日生まれだから。予定日は2月6日だったんだけど、どうせなら1日遅れの「平成27年2月7日」になって、親子でお揃い的になれたらなーって思ってた。だからそのまま伝えていた(^_^;) 「別の日でもいいんだけどね。自分が出て来やすい日でいいんだけどさ」とか付け足しながら(^_^;)

安産についても、いつも「頭を下に向けてねー、ぐるぐる回りながら出てくるらしいよ。お互い苦しみたくないねー、時間がかかると苦しいからさぁ。つるんと、スルッと、あっという間に出ておいでねー」って伝えてたおかげだと思ってる。それと、毎晩寝る前仏壇にお願いした効果(^_^;)

[9つのメガネ]すべての人は唯一無二の才能を持って生まれて来ています。それぞれ得意分野が違います。得意なところは、人の役に立つように使い、苦手なところは、人に助けてもらえばよいのです。得意分野を伸ばせば苦手分野が引き上げられていくのです。お互いに得意な能力を活かし合う社会が平和な世の中を作ります。

どのお子さんにもある唯一無二の能力を見つけられるように9つの分野に分けて具体的な活動として見える化しました。

これら9つの分野の活動を経験していくことで得意な分野も見つかり磨かれ、その能力を使い自分を活かして充実した人生を送る。この手助けをしていくための天才子育てメソッドです。

<cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com