バイリンガル絵本読み聞かせインストラクター説明会@こそだて喫茶cotoca

「“ティーチャー”を作りたいわけじゃない」

「中学校英語くらいのお母さんもいれば、通訳のお仕事されている方も。英語力は様々」

「お母さんが絵本を読んでくれる想い出、たまに わからない英単語を調べてたり… そんな姿を見せてあげること。お母さん達の環境を作ること、をしたい」

講師の本澤愛さんはそう語ります。

お母さんが学び育っていく姿を見せること。それがお子さんの将来の「学ぶ姿勢」「人生に向かっていく力」を育むー cotocaもそう考えています。

※次回「バイリンガル絵本クラブ」は11/7(水)11:00です。

興味のある方はコチラ

日時2018117日(11時~12
会場 こそだて喫茶cotoca
住所 東京都足立区千住2-18
公式HP http://cotoca-senju.jp

定員: 5組
説明会参加費:大人(1名)2000円(税込み)
(子連れOK、こども無料)

主な対象者:
・英語を使って社会貢献したい方
・わが子に英語環境を作ってあげたい方
・一生付き合える楽しい仲間が欲しい方
・絵本が大好きな方
・絵本の知識を増やしたい方

英語力の条件:問わない

◆申込方法
下記アドレスまで
①お名前
②参加人数
③電話番号
④説明会日時
⑤会場名を明記の上

メールでお申込みください。

info.ondoku@gmail.com

◆説明会 講師
音読協会 代表理事 本澤愛(ほんざわ・あい)

2013年より、音読の習慣を広めるため、都内で音読セミナーを開催する。
これまでに、英語にコンプレックスを抱える老若男女に音読を指導する。
科学的、臨床的アプローチから国内でバイリンガルを育てる方法を研究している。

人生のミッションは「本と語学を通してコミュにエ―ションを豊かにし、
言葉の貧困によるチャンスの格差をなくすこと」。

現在、都内を中心に、英語絵本の読み聞かせ会や講座を開講している。
読み聞かせ会への参加者数は延べ500人以上。2020年までに、
日本中で活躍する英語絵本の読み聞かせインストラクターを100名以上誕生するべく奮闘中。

稲城市在住。5歳の男子、3歳の女子の母親。

音読協会の理念:
「本を通して、豊かな日本語力を有し、国際社会で通用する英語力のある子どもを育てる。」