• Home
  • Archive by category "店長のこそだて手帖"

シェア

これは食べてみたい!

シェアさせて頂きます🍛✨

【 乾物カレーって知ってますか? 】

乾物はとてもエコな食べ物。

冷蔵庫無しで長期保存ができるし

持ち運びも便利。

干した野菜やキノコ、果物は味が濃くて美味しい。

今日はそんな乾物を使ったカレー

「乾物カレー」の日。

砂漠緑化のためのムーブメントです。

https://www.facebook.com/kanbutsucurryday/?tn-str=k*F

創健社カレールウが当たったので

今夜はどんなカレーにしようかと

ワクワク考えているところです。

https://is.gd/h2tZBz

#乾物カレー

https://www.kanbutsu-curryday.com/

こども哲学 マツシタマユ

https://ameblo.jp/pnt-mayu/message-board.html

[こそだて喫茶cotoca]

東京都足立区千住2-18

03-6320-2736

公式HP https://cotoca-senju.jp

【子育て中のあなたへ。知っていますか?】

市販のお菓子、ジュース、アイス…

「よくないのはわかってる、でも…」

罪悪感をかんじながらも、こどもにあげてしまう大人がなんて多いんでしょう(泣)

あげるとどうなるのか。

そもそも、どうして欲しがるのか。

あげても大丈夫なものって?

まずは知ってほしい。知らないままにしてほしくない。

知ってから、決めてほしいのです。

こそだて喫茶cotoca

#お母さん病気を作らないで

日時 6/18(火) 10時30分~12時30分

場所 北千住西口 こそだて喫茶 cotocaさん

料金 3,000円

※別途ワンオーダー

赤ちゃんでも食べられる夢の健康スイーツ🍰お土産つき✨

#腸キレイナース×#栄養士ちぐさ

☆1分お付き合い下さい☺️

私は、人間として、母として、妻として、看護師として、女として、なぜ病気が起こるんだろう?

なぜ病気に人生を奪われるんだろう?

とずっと疑問を持ちながら業務に取り組んできました。

専門病棟なのに、どの患者も幾つもの疾患があり、透析、インスリン、オペ、一体何の病棟?

高血圧、糖尿病、ガン…患者さんや家族から相談される毎日です。

ターミナル期、いわゆる末期になると大抵の患者が『緩和ケア』と言って麻薬で痛みなどの苦痛を取り除くために、コントロールを図るようになる。

幻覚や傾眠傾向になり『その人らしさ』がなくなるんですね。

日本には、1人しかいない素晴らしい消化器外科医から学びを受けながら、『良い細胞』の作り方をお伝えしています。

やっと実現✨✨✨

#栄養士ちぐささん

と考案!

やっと完成しました✨

#スクール講座募集

『食べれば健康になれる夢のスイーツ』🍰❤️

それだけではない!☺️

毎日の『食事の献立』

☑️子育て中のママ

☑️子供の身体にいいお菓子を作りたい

☑️病気になるまでのプロセスが知りたい

☑️対処療法ではなく、根本的に体質改善がしたい

☑️家族にいい食事を食べてもらいたい

☑️将来糖尿病やガンになりたくない

☑️不妊で悩む

☑️スイーツは我慢だと思っている

☑️うちの子アレルギー体質

☑️病気は遺伝だと思っている

☑️コレステロールは悪だと信じている

お役に立てると思います☺️

該当していたら是非!ご参加お待ちしております☺️

お申し込み

☆個別メッセンジャー

☆コメント欄

☆cotocaさん

最後までお読み頂いてありがとうございました✨

予防医学専門院HALe

牧瀬美香

シェア

「こどもは何もできないから

親がしつけなさいと考える育て方が嫌

毎日選択させ、考えさせるから

自分でやるように育つ」

本当そうですよね!!

シェアさせていただきます!

尊敬する鍼灸師の先生 安村政子さんのメルマガはコチラ

「姿勢と育脳」

無料メルマガご登録はこちら

https://kagayakibaby.com/stepmailentry_modify?i=26

本日は、2日間にかけて

同じインストラクター杉浦睦美先生のお教室で

「輝きコーチング講座」を受講してきました。

巨大遊具で、

身体をたくさん動かせ、発達を促すには

十分なくらいステキなお教室でしたよ。

子どもにコーチングてどういうこと?

まだ、言葉も出ない子にどうできるの?と

思われる方も多いと思いますが、、、

これがね、、、

不思議なんですが、

コーチングを学ぶと、

自分の感情と子どもの感情に気づきます!

子どもは、いったい

どう思っているんだろう?と

考えることができるのです!

子どもの気持ちを考えたことがありますか?

例えば、うちの家で

毎朝、雅治は服を着がえるのを嫌がります。

ギャン泣きです。

娘は、強制的に着替えさせるか、

しつこい場合は、携帯を見みせて

着替えさせます!

なんか、私は、それでは、

いけない…と思っていました。

でね、

さっそく娘をコーチングしました。

私:なんで、雅治は、

着替え嫌がるのかな?

娘:意味なんてないねん、

とりあえず嫌がりたいねん!

私:それ、雅治に聞いてみた?

娘:...

私:一回聞いてみたら?

ひょっとしtら、少し待って

ほしいだけかもしれないよ?

娘:...

次の日、娘は、

何で着替えたくないの?

雅治は、

着きたくない理由を、

「暑いから」

と言いました。

娘は、はっと気づき

じゃあ、家の中はパンイチでいいわ~!と

だから、雅治も

上の服だけはすんなり着替えてくれました。

コーチングにより、

娘に気づきを与えることができたし、

雅治にも、強制的にやらされてることから解放

する事ができて、とても満足です!

なんて、すごいコーチングでしょう(笑)

最後に、受講者様から

「安村さんは、どうして

輝きベビーのインストラクターになられたのですか?」

と聞かれましたよ。

はい、

私は、これからAIの時代に突入する中で、

やれ、英語だ、やれ、プログラミングだと

やれ、早期教育だ!と騒ぎ立てて

子どもは、何にもできないから

今から、親が、しつけなさい!と

考える育て方が嫌なんです!

日本は、

親のいうことを聞く子が良い子とされます!

親の期待に応えなくていい

自分の道を自分で決めて自分の人生を歩んでほしいからです!

「裸の大様」の話のように、

大人は、言いたいことも言えない

でも、子どもは、大様は裸だ!と言える

純粋無垢で、言いたいことを

自由に言える、人間らしい!

いや、一番人間らしい子ども達に

こうしなさい、あなたはこれがあってる

私の言う通りにしなさい!なんて育てるなんて

絶対あり得ないと考えるからです。

そして、

自由にさせているからこそ、

孫は、言いたいこと言い、毎日、

選択させ、考えさせているから、

自分でやるように育ってます!

人は命令では、動きません。

人は、気づいて、初めて動くのです!

孫が実証してくれています!

孫がこれから出会うであろう人たちとも

同じ考えであるようにメソッドを広めたい!

そう思っています。

「姿勢と育脳」

無料メルマガご登録はこちら

https://kagayakibaby.com/stepmailentry_modify?i=26

2階の右の部屋 リニューアルの話

cotocaの2階の右の部屋、クローゼットの扉を外してしまいたいの私、ってじじと話していたときのこと。

娘「なんで?」

私「右の部屋も普通に、お客様の部屋にするから。扉を外しておもちゃおけば少しは広いかなって」

娘「Yちゃんはねー、きっちんも、ひにきをつけながら、あそび(ば)にしたらいいとおもう」

私「そうだよね!!おかあもそう思うんだよ!」

※本気でそう思う。

丸ごと、お家のように自由に使って欲しいと思ってる。

むしろ家でできないことも、この場(cotoca)でならやって良し、で使ってくれたらいいといつも思ってる。

私「…でもねー、行かせたくないおかあさんも居るから」

娘「でもー、いかせてくれるー、おかあさんだったらー、いきたいこどもに、ちゃれんじさせてあげたら?」

さすがムスメちゃん! モンテの子★

そういう考え方ができるように育ってくれて、私は本当にうれしい。

[こそだて喫茶cotoca]

東京都足立区千住2-18

03-6320-2736

https://cotoca-senju.jp

#足立区 #北千住 #こそだて喫茶cotoca #モンテッソーリ教育 #知育 #輝きベビー #マクロビ #ヴィーガン #グルテンフリー #自然派 #自然食 #玄米 #無農薬 #vegan #vegetarian #montessori #お座敷 #お子様歓迎 #子連れ #育児 #子育て #妊婦 #マタニティ #親子カフェ #キッズスペース #遊び場 #赤ちゃん #乳幼児 #卵不使用 #乳製品不使用 #白砂糖不使用

GWの長距離移動におススメの育脳遊び

素晴らしい!

シェアさせて頂きます

こんにちは!

育脳子育てキャリアコーチ佐藤です。

03歳児までの

子供の未来から逆算するだけで
「子供の才能が伸びる子が育つ」育脳法!
 
【キャリア式×子育て脳】を
教えています宝石赤
 

 

かれこれ今回で10記事目になる

長距離移動で育脳記事!

————————————

大変ご好評いただいておりますドキドキ

指定席なしで、先頭車両

ビジネスマンに人気の

前方コンセント自由席で

帰省ですニコ

 

大概、多くのママパパが疲れる

交通移動。

子供の元気の良さに感動できなくなる

一時おーっ!

そこで、

絶対的にオススメなのが

育脳なお遊びドキドキ

私はいつもブログで

子供の才能を引き出す遊びを

意識的に取り入れましょう!と

お伝えしていますキラキラ

そのコツコツした育脳遊びによって

脳全体を育み、テレビは不要となり

こういった交通機関の長距離移動で

発揮してくれるのですドキドキ

今回の記事は2歳児3歳以降向けで

かきますね!

(モデルの息子は3歳9ヶ月)

0歳ちゃんから使えるオーガンジー
これだけで40分位はやっていた!
色の変化が面白くて好きな息子のブームを
いかしたお道具。
軽いのでとってもラク!

以前の記事でもご紹介した100のカード

まだまだ使え、成長も感じます!

ワーキングメモリートレーニング!
お絵かきだけでなく
言葉やかずをかくだけでなく
こんな感じでゲーム感覚で。
CPU的役割の一時記憶はとても大切なので
意識的に遊びにとりいれたいことです!!

3歳なりたて位に

海旅行先のホテルでもらったトランプが

大好きになりハマりだしました。

新幹線では場所が限られますが

・七並べを積み上げ式

・仕分け遊び

で堪能。

トランプをやっていると

ものすっごくドッツカード効果を

感じますキラキラ

そして、ちょいちょいお店やさんごっこを

いれて計2時間半の移動は終了です!

もちろん

YouTube、タブレットゲーム、DVDは

いりません!

日常の育脳遊びは、

どこにいっても転用できます音譜

ぜひ、幼い月齢の子供達には

手指の巧緻性から思考力まで育める

遊びを提供したいものですね!

 

佐藤有紀でしたほっこり
 

シェア

子育て、教育のスペシャリスト伊藤美佳先生の投稿。シェアさせていただきます。

【ママが命令や禁止語を使うと子供の人格がゆがむ】

生命がお腹の中に誕生した時から、生きる為のプログラミングが始まっています。自然の摂理によって、成長をプログラミングされていくのです。生まれてお母さんのお乳を吸う事も自然のプログラムです。這い這いをして、歩くようになっていくのも、自然のプログラムに添って成長しています。できるようになる事を一緒に喜んでいたパパやママも、自分たちの生活がおびやかされていくと、今度は「ダメ!」と禁止事項が多くなります。

———————

子どもは至って変わっていません。

すべて、成長の為に自然のプログラミングがさせている行動ばかりです。

例えば、ティッシュをいつまでも出し続けたり、

コップの水をジャーと机にこぼして見たり、

物を投げて見たり・・・

大人にとっては部屋がちらかり、困った行動ばかりです。

でも、おこさんにとっては、すべて成長のために必要な行動です。

それでも、なおしつけのためと、禁止や命令をしていくなら、お子さんの人格をもゆがめ、成長をさまたげてしまう大変おそろしい事をしてしまっていることを私たち大人は知る必要があるのです。

では、一番お子様との関わりで大切なことは、何でしょうか。

それは、禁止や命令ではなく「失敗してもいい、とりあえずやらせてみよう」とお子様の力を信じて見守ることなのです。

これはとても難しい試練です。

なぜかというと、私たちは自分も沢山の失敗をし、痛い思いをしているので、お子様にそのような思いをさせたくないという良かれと思う気持ちが、お子様に失敗させないように禁止・命令言葉として出てしまうからです。

では、どうしたら信じて見守れるようになるのでしょう。

これは、あなた自身、ご自分を信じるということなのです。

どのようにしたら、あなたご自身を信じるようになれるでしょう。

これができるようになると、お子様がどんなことをしようと見守れるようになっていきますよ。

ただし、ルールや限界は伝えておかないとならにのですけれど。。

まずは、できるだけ禁止や命令をせずに、見守ることを意識してお子様と関わってみてくださいね。

シェア

絶対、「手抜き」じゃない。

食材を選ぶことの方が、よっぽど、手を掛けてる。

毎日、スーパーで買い揃えたたくさんの品目で、必死に調理・料理するより… って今は思っちゃう。あの頃はわかんなかったけど。。

「手を掛けられて育った食材」こそ、ご馳走なんですよね。

【ハレルヤ・パーソナルシェフサービス 松本さんの投稿】http://hareruya.jp

ご飯と味噌汁だけでも手抜きじゃないと思う。

手を抜く代わりに

質にはとことんこだわる。

そしてお母さんの愛情が乗っかれば、

それは最強のごはん。

そこに罪悪感を感じる必要など微塵もない。

美味しい料理を作る人は実は手を抜いていて

「素材が良いと手を加える必要がない」

と口を揃えていう。

\世の中の子育てママさんたちへ/

お願いだから少しだけ手を抜いてほしい。

そんなにがんばらなくてもいい。

あなたが笑顔でいること

あなたに余裕があること

よい世の中を作りだす絶対条件は、

“子育てママが苦しまないこと”

良い手抜きを知って

あなたにとって本当に大切なことに

情熱と時間を注ごう。

そんな食事法「食べトレ」ではお伝えしています。

まずは体験へ!

詳細はコメント欄をご覧下さい。

こどもと大人と物欲

ムスメちゃん、はじめて「自分のお金」でおもちゃを購入!

(お店を手伝ってもらう度、“献金箱”と言う名の貯金箱に溜めてたお金)

もともとスターカラーペンはキュアミルキーのを食玩で買って持ってるんだけど、今回買ったスターカラーペンダントにはキュアスターのペンが付属してるから、これでスターカラーペンは2種類になった。

(ってプリキュア見てない人には意味不明な説明だわ…(・_・;))

で、大人な私はついついコンプ欲が出てしまい、ムスメちゃんに喜んで欲しいし、ソレイユとセレーネのペン探しに行こうって言った。

(登場人物残り2人のペン)

そうしたらムスメちゃん、意外な一言。

「…いらない!」

え? 要らないの? なんで?

「もうすっごくたりてる!!」

感心した。

感動した。

そして、反省した。

そっか。そうなんだね。もうすごく足りてるのか…。

やっぱりこどもはすごい。

そして大人って、(私って) 汚れてるわーと思った…(・_・;

シェア

ほんとに、傷つくんです。

ほんとに、怖いんです。

そして本当に、消極的になります。

「本来の自分」を見失います。

叱るしつけはやめてほしい。

そのままを認めてあげてほしい。

シェアさせていただきます!

【体罰や暴言でしつけているママへの処方箋】

親はしつけの名のもとに子どもを叱り、言うことを聞かせようとします。その時にもし、パパかママが叩かれて育ってきた場合、お子さんを叩いてしつけしようとします。

それしかやり方を知らないし、それが普通だとも思っているからです。でも、体罰や言葉の暴力は、しつけには効果がないことがわかってきています。しつけには体罰や言葉の暴力がなくても効果的なやり方があるのです。

————–

効果的なやり方に関してはまたおいおいお伝えしますが、今日はどうして体罰や言葉の暴力がいけないのか、将来どう繋がるのかについてお伝えしますね。

体罰や言葉の暴力を受けて育つと自尊心が思いっきり傷つけられます。

子どもはとても純真なので、親が自分に向けた態度や言葉をそのまま吸収します。

やられた、言われた自分は全否定されますから、自分の存在すら悪いものと考えるようになります。

否定されることは恐ろしく怖いものです。

だから、今度はその態度や言葉を排除しようとエネルギーを使います。

結局、本来やらなければならない事に着手しようとする意欲もなくなります。

同じ事を繰り返し、また叱られるという悪循環に陥ると、否定される言葉をさらに多く浴びることになります。

ますます自尊心が傷つき、自信がなくなります。自尊心とはありのままの自分を尊重し受け入れる心です。

「どうせ俺なんかさー」と小学生ですでにつぶやいている子どもの多いこと。

自信がなくなると、挑戦していく勇気もなくなります。

このくらいで無難にしておけばいいかな。目立たないように適当にやっていればいいかな。と、無気力な子どもが出来上がっていくのです。

いざ、肝心の試験や受験時に、やる気が起こらず、ますます落ちこぼれていきます。

また、少し否定されたと感じると、自分に自信がないので友達に声を掛けるのも勇気が要ります。

人間関係を築くのにも消極的になってしまいます。

こうして、どんどん悪循環が起こっていきます。

小さな蓄積が大きな事に発展していってしまいます。

『自分はこのままでいい』

『できるところからやろう』

『失敗もOK』等

しっかりと自分を受け入れて育てられていたら、自分で切り開いていく人生を歩んでいくことでしょう。

もし、体罰や言葉の暴力を浴びせていたら、今、考えなおしてみましょう。

シェア

まさに今そんなことを考えていました!

自分の感じていることはなんなのか。

なぜそう思うのか。

じゃあどうする、と決めるのか。

そういう考え方のくせ、行動のクセをつけられるのは大人の関わりの積み重ねなんですよね。

シェアさせて頂きます!

【自分の人生は自分で決めていい!】

生まれて来たお子様は皆

輝きベビーです。

だから自分で決めさせる事が

重要です。

たとえば、子どもから

「テレビ見てもいい?」

と、聞かれて

「いいよ」とか、

「お片づけが終わったらね」

とか

「ダメ!」とか

指示や命令で子どもを

動かそうとすると

いつも人に聞かなくてはならない

依存型の子どもを育てて

しまいます。

そんな時は、

本当に見たいテレビの番組なのか。

暇だから時間つぶしなのか。

今一番ベストなのは何なのか

これを瞬時に吟味して

自分にとっての最高のパターンを

選んで欲しいなと、思っています。

そのような判断基準を

与えてあげるのが

教育だと思うのです。

https://tensaikosodate.com/?p=9034