• Home
  • 作者別: cotoca-senju

農薬の話

農薬について、とある記事のまとめ。

食に関して学んでいることの裏付け。

だから有機野菜を選んだり、食品表示を正しく理解したり、不要なものは出せるカラダを作る食事にしたり… なんだよね。

知れば知るほど、本当に今の日本の食環境は恐ろしいな。。

*科学的にいえば農薬は向精神薬と同じで、脳細胞その他を死に至らしめることがわかっている。

すぐに影響が出ず蓄積されていくというのがポイントで、あとになって弊害をもたらすというのが共通している。

*中国の野菜より日本の野菜の方が怖い。日本は農薬の基準値が世界一高い。

*農薬は大きく三種類に分けられる。

①有機リン系

神経系・呼吸器系に影響する化合物。第二次世界大戦前後から殺虫剤として農薬に使われている。河川に流れ浄水場から水道水に入ってくる。

神経ガスとしてサリンは親戚とも言え、アルツハイマーの薬とも同じ作用機序。

②ネオニコチノイド系

神経を興奮させ続けることで昆虫を死に至らしめる。自然の山の水・湧水などには既に大量のネオニコチノイドが混入している。

③グリホサート系

除草剤「ラウンドアップ」の有効成分で、あらゆる植物の成長をストップさせる。その耐性を持つのが遺伝子組み換え作物。双方の開発とセット販売をして儲けるのがモンサント社(米)。

※画像はお借りしています

阪神って

通りすがりの小学生の会話。

男の子A

「阪神ってどこかわかんないんだけど、大阪か兵庫か」

男の子B

「そこらへんのことだよ阪神って」

男の子A

「関西だったらわかるんだけど」

そうだよね、阪神ってどこかわかんないよね! 関西ならわかるけどね!!ってすっごく思った★

でもすごい。

多分3-4年生くらいだと思うんだけど、難易度高い会話だよね(^_^;)

BABY LIFE CALENDAR @足立区

図書館行ったら、こんなのが置いてあった!(12P構成)

図書館は妊娠中も産後も今もすごくよく行くけど、私の妊婦時代には絶対なかったよ。

妊婦さんと新米ママは情報過多なんだけど、地域生活に必要な情報は不足しているんだよね。

やるなー足立区★

書籍「ほんとのおおきさ動物園」

遠足以降、動物熱が上がってる(私の中で(^_^;)) ってことで図書館で借りて来た本。

動物の写真は原寸大らしく、すっごい迫力★

写真では分かりづらいけどキリンさんはなんと見開き4P分!

これ、こども達にすごくいい本だと思うなー★

https://www.amazon.co.jp/ほんとのおおきさ動物園-小宮-輝之/dp/4052029305

こどもの気になるところ

「こどもの気になる所は、親が自分自身にOKを出せていないところ。

そこにOKを出せたなら、こどもを正そう・教育しようと躍起になることがなくなる。

すべてを受け入れてくれたと感じたそのときから、こどもはそのまま伸び伸びと能力を発揮して行く事ができるようになる」

ベビースクールの先生の格言。

まさに、です。

スランプ脱出してから本当日々そう感じてる。

ムスメちゃん、のびのび自分を発揮しているって。

しばらくずっと手を出さなかったおもちゃも、久しぶりに棚から引っ張り出してやってるし。

新しく用意したものも、導入時はちょいちょいって感じで終わり!もあるんだけど、いつもみたいにそのまま興味なし!にならないでまたやってみたりしてるし。

なんというか本当、次々やる!やりたい!っていうかんじなんだ(あ、私の基本的なこそだての姿勢と関わり方、使うおもちゃについて、ブログで細かく説明してないままだゎ(・_・;)。

それもこれも、私の見る目・受け入れる姿勢が変わったからなんだよね。

正そうとしたり、ほんの少しでも批判(?)や不安の気持ちが私に混じってる、それを感じ取っていたんだよね。。

私を気にせずのびのび、自分のままで取り組めるようになったんだろうな。

この1-2ヶ月? 朝起きてすぐ「どっかいきたい!」って言ってたムスメちゃん。コトバには出さないけど私はうんざりだったんだ。

「トイレも行ってない、歯磨きもしてないのに…」「外が好きなのは分かってるけどさ」「カラダを動かしたいんだよね」

「ううん、家にいるのがつまらないんだよね」。

夢中になれるもの、私が用意できてないからだよね。。私の力量の無さを毎日毎日、朝起きたその瞬間から責め立てられてるみたい。。って、いろんな想いが重なってうんざり、気が滅入ってた(-_-;)

「せめて朝の支度終わってから言え!」っていう、基本的なイライラに加えてだから余計(^_^;)

だけど。

本当びっくりするくらい、「どっかいきたい!」って言わなくなった。

午前中フルに遊んでお昼食べ終わるまで、そのコトバを一回も言わないって日々が続いてる\(//∇//)\ そのまま一日インドアでも大丈夫そうだったりするんだけど、それもかわいそうだしおつかいあるしねって、結局どこかしら連れて行ってはいるんだけどさ。

ラクになりたいお母さん!

こども自身の持っているものを、そのまま伸ばしてあげたいって本当に思うお母さん!

自分を見つめ、自分にOK出しましょう★

頭脳と腸脳

講座(@グレイスフルスイーツ 自由が丘)は、人体学であり生理学であり、化学、哲学。

スイーツ教室でこの内容なんて、ちょっと他ではあり得ないでしょう。

しかしスクールの先生方や周りの方達といい、私はなぜこんなホンモノの人とばかり接することになっているのだろうか。。

次元が違うくらい考えや教えが深くて知識が凄くて興味深いんだけど、自分ではとてもそんなこと生み出せないけど、でも聞けば理解も納得もできる今の私。

少しはその世界に入れてるってことなのかなー。

以下、講座のポイント&興味を持ったこと。

1.「腸脳」は頭脳から独立して動ける唯一の臓器(心臓ですら独自では動けない)。 腸管神経系という独立したシステムを持っている。

2.人間は1年間で約1,000kgの食べ物を食べている。平均体重を50kgとすると残りの950kgはどこへ…?

※腸が消化吸収→細胞生成。頭脳は腸が作った細胞で構築されている。

※赤ちゃんを考えても明白。排泄は生後初日から出来ても脳を使うことは殆ど出来ない。

3.腸内に1億個以上の脳細胞(ニューロン、シナプス)が存在している。

4.科学的にも腸が頭脳に影響を与え感情を左右しているということは立証済み。

※主に神経伝達物質のドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニンが二つの脳の間でやりとりされている。

※体内生成されるドーパミンの50%とセロトニン90%は、腸内のバクテリアが生成している。

5.食欲は頭脳でなく腸脳で起こる。

6.頭脳にも腸脳にも麻薬受容体がある。

※腸脳が求める+頭脳が求める→セロトニン生成が追いつかない→止められない

★「頭脳」は静かな脳、「腸脳」は動く脳(蠕動運動)。陰陽二つの脳を理解すること。

→「腸は第二の脳」と言われるが、第二というよりは同等な「もうひとつの脳」と考えたい。

*セロトニンは腸内に90%、血液中に8%、頭脳に2%存在する

*セロトニンを増やす方法

*よく噛んで食べる魔法の方法

(腸内リズムと脳内リズムを合わせる方法)

*糖質と脂質はドーパミンとセロトニンが発生する、美味しく感じる、人を幸せにするもの。反面最も身体に悪いもの。

*欲しいものを頭で止めるのではなく、お腹の声を聞くこと。

*質を上げて量を減らす。

*パートナーやこども(ある程度成長した)が食を選ぶのに自由を与える。自己決定、責任を持つということ。自分を大切にすること。

梅酢スプレー

まろやかな酸味で酢の物やドレッシングに、醤油代わりに冷や奴や納豆にも使える梅酢。

梅酢は健康にも美容にも、アンチエイジングにまで効力を発揮する万能食材★

それをスプレーにして手軽に生活に取り入れるという発想!

すばらしい〜! これは早速やらねば。。

【作り方】

①スプレーボトルを用意(100均で可)

②容器に梅酢原液を1/3ほど入れる

③2倍の水で薄めれば出来上がり

※濃さがメーカーによって異なるので要調整

【梅酢スプレーの効果】

・喉の痛みやイガイガ

・口の中の乾燥

・下痢、食中毒症状時

・疲労

・眠気覚まし

・乗り物酔い予防

・口臭、虫歯予防、歯周病

【梅酢について】

*塩と梅を甕に入れて梅干しを作る過程で、水として自然に上がってくる梅のエキス。塩辛い液体。

*塩と酸の両方の効果。副作用のない天然の抗生物質。

※画像はお借りしています

手づくりおもちゃ(数字関連)

家にある100均材料で作った。しかもムスメちゃんと一緒にイチから仕上げたのが自慢★

私がやってることになんでも手を出したがって待てないムスメちゃん(・_・;

「かーしーてー!」から「がぁーじぃーでぇー!(怒)」になるのがいつものパターンなんだけど(・_・;

今回は手伝ってもらったり(あれ。手伝ってもらったかな。。)、こっちに切るのあるよとかこの裏に糊貼ってとか、彼女にも参加してもらいながら一緒の空間で取り組み仕上げたことが、我ながら素敵★ がんばった★ と思ってる(^_^;)

用途としては、数字合わせ(型はめ)と数かぞえ(絵の上にビーズを置いていく)のどっちも出来るものを作った。つもり。

ハートのビーズがカラフルだから「Yちゃん(ムスメちゃんの名前)ねぇー、ぴんく!ぴんくのじゅーす!」って言いながら絵のピンクのジュースの上にピンクのビーズを置いたり。ほんとはちょっと違うんだけどな。。と思いつつも。

とりあえずはこれ自体に興味を持ってくれたらいいな(*^^*)

学び初期の気付き

3月、ムスメちゃんが2歳1カ月のときにベビースクールで体験したこと。

あまりに感動して、先生にメールしたの。

先生からは

『素晴らしい出来事ですね!お子様の観察力が身について来てる。これに気づき始めるとお子様の能力が凄いことを発見できるようになり、お子様がどんどん才能を発揮していくようになりますよ』って返事もらったんだ。

これを備忘録として。

大切なことが詰まってるから。。

昨日はスクールでかえるジャンプのおもちゃを少しやったのですが、家に戻ってから、小さいスポンジボールを指で押して飛ばすように転がしました。

しばらく様子を見て「かえるさんと一緒だね」と言うと、自分では無意識でやっていたようで、ハッとした顔で発見したように「かえるさん!」と言ってその後何度も続けていました(*^^*)

正直なところ、今の娘にはかえるさんは難易度が高いと思いながらスクールではやっていました。

でも本人が興味を持って棚から取り出したんだし、こういうものだと知って、見ているだけでも楽しいかもそう思って(かえる飛ばしを)見せ続けていました。

その結果、まだ上手く(?)できない物にも興味を持ち、動きを覚えて帰って、自分の出来る範囲で代替えでやってみる…

しかもそれを全部、自分で考え出して無意識でやっている!

そんな娘を知って感動し、やっぱりあの時先生のところに通う決意をしてよかったそう思いました。

改めてありがとうございます。←ここまで私

『手指の動きは脳に直結しています。

このカエルさんジャンプは“はじく”動きです。

これができるようになるためには脳に動かす命令をします。だから脳をよく使うようになります。

指一本ではじくことができると脳の神経回路が繋がっていくのです。

この一つ一つの動きが脳に直結して神経回路を繋いでいくから繋がれた回路が増えれば増えるほど考える力をつき豊かな発想力が生まれ出すのです』

天命?

前回、記事を書いていて思ったこと。

やっぱりもっと学びたいな。サポートする「手段」を増やしたくなってしまった。
気になっているのが2つ。
*産後ケアリスト
*たいわ士
特にたいわ士の方はね、なんかやるべき事なんじゃないかなーと思ってしまう。
今日受講してワークをやっていて、胎内記憶の話題が出たの。1歳前のお子さんを持つお母さんに、うちは2歳半だって話したら「(記憶について)聞いた事あります?」って。
このエピソード(http://cotoca-senju.jp/3203/)を話したんだけど、それ以外にも自分が妊婦だった時の話と出産の話、なんだか熱くなる自分を感じたんだよね。
そして先生にお2人(これから妊娠予定の方&妊婦さん)が「今から出来ることってありますか?」そう質問してるのを聞いて、先生が
「お腹の赤ちゃんにいっぱい話すこと。いっぱい見せてあげること。とにかく自分が気持ちいいと感じることを沢山すること。モノもコトもヒトも、気持ちいいことで自分を満たしてあげること」そう答えているのを聞いて、私も自分の話を伝えたいってすごく思った。
『それをして私は結果こうでしたよ』って。
なんだろねコレ。私は全然「自分の話をしたい&出来る人」ではないんだけどな。。
でも妊娠中感じていたこととその結果(?)については、すごく自信を持ってるんだよね。絶対だって思ってる。
「お腹の赤ちゃんには意思がある」ってこと。
だから尊重しなきゃいけないし、会話したり見せたりすることは絶対理解してるって、本気で思ってるし疑う余地がないんだよね、私にとって。
胎内記憶の本と映画との出会い、Mちゃんとムスメちゃんの記憶、今日のこと。。
全部意味があると思うから。私にとって意味があって起こってる出来事だって思うから。
活かさなくてはね。
学びたいなー。
時間とお金が足りないよ!!!