2019/11/12 日本全国が清められる日

本日は大嘗祭前二日大祓だそうです。

シェアさせていただきます。

新天皇が、新米を感謝する儀式が大嘗祭(おおほまれさい・だいじょうさい)。

天皇一世一代の祈りとされる、重要な祭儀。

それが、今年の11月14日の深夜から、15日にかけて行われます。

次の元号の時代にも生きているとは限らないので、

僕らは凄い年に居合わせてます。

天皇一世一代の特別な祈りが捧げらる大嘗祭は、

日本国どころか世界の行方さえも左右するそうですから。

そして大嘗祭に伴い、11月12日に全国の神社が一斉に「大嘗祭前二日大祓」を行うそうです。

新天皇陛下が祈る前に、日本全国の国土を清めるためです。

これは神社庁に所属する全ての神社で一斉に執り行われるそうです。

すんごい日。

日本中が清らかになり、天皇の祈りを待つ状態。

①11月12日に全国の神社が日本の国土を清める

③11月14日に大嘗祭を執り行う

②はよ?って思いません?

それが、国土の上に住む民臣(タミオミ)の心を祓う日。

11月13日。

国土が祓い清められて、天皇が祈るまでに「1日」の猶予日がある。

なぜなら、その間に国民の心も祓い清める必要があるからです。

果たして、今の国民の心の状況で清らかな思いが天に届くでしょうか?

この国でいったい誰が感謝してるでしょうか?

お米が獲れたことに、豊作であることに、

水が湧くことに、空気があることに。

この命がある事に。

いったい今、この国のツチの上で何人が感謝してるでしょうか?

全国の神社が懸命に「国土」を祓い清めても、

その土(ツチ)の上に置かれている肉体(国民)が、

「アレが欲しい」「これが欲しい」「もっと欲しい」と、

感謝とは真逆の「不満」の方向に向いていて、

本当に新天皇の感謝の祈りは11月14日に天に届くのでしょうか?

まぁ去年までヌーヴォーだった僕も偉そうなことは言えませんが、

今年くらいは一緒に感謝の「心」になって、この祈りを支えませんか?

今年は天皇一世一代の命を懸けた祈り「大嘗祭」が行われる年。

お米が獲れたことに、

食べれることに、この国に水があることに、

土があることに、家族が平和で暮らせていることに、

空気があることに。

感謝(有り難いこと)は探せばいくらでも見つかります。

さとうみつろうオフィシャルブログ

https://ameblo.jp/mitsulow/

シェア【タピオカ要注意】

Lサイズ→角砂糖50個分の糖分
M サイズ→角砂糖33個分の糖分

でも大人もこどもも平気で飲んでるよね…
シェアさせていただきます。

〇〇〇バックスのフラペチーノなどもそうですが、最近やたら流行りのタピオカ、Lサイズ一杯で角砂糖50個分、Mサイズでも33個分の糖分が含まれてるそうです。反応性の低血糖、血糖スパイクを引き起こすことで、自律神経の乱れ、手の震え、冷や汗、腹痛や急な眠気、イライラ、気の滅入りなどのよくわからない不調に加え、インスリンの上昇による肥満、動脈硬化、糖尿病のリスクなどの原因となり得るのですが、さらにガムシロップがメイン、つまり異性化糖、果糖、遺伝子組み換えのリスクや果糖によるNASH(非アルコール性脂肪肝炎)のリスクが上乗せされます。
そして、これらを飲んでるのは若者たち。これからの将来があるのに気づいた時には遅い。
不妊、無精子症、糖尿病、アルツハイマーなどのリスクもあるのです。
さらにドーパミン受容体を刺激するので、中毒性あり、思春期の子たちは、親の注意も聞きません。
簡単にどこでも手に入る世の中なのです。
例に漏れず我が娘達も好んで飲んでるよう(もちろん私の前では飲みません)。
なるべく目が届く間は飲ませず、家での食事に気をつけていくことしかできませんが、事実を伝えることが大切かと。

葉子クリニック院長:内山葉子医師

続・4歳ムスメのあそびまなび

娘画伯、本日の作品。
世界に興味あり!?
そして国旗の本をそっと渡す母。

[こそだて喫茶cotoca]
東京都足立区千住2-18
03-6320-2736
#足立区 #北千住 #こそだて喫茶cotoca #モンテッソーリ教育 #体験型子育てスポット #知育 #おむつなし #マクロビ #ヴィーガン #グルテンフリー #無添加 #オーガニック #手づくり #自然派 #玄米 #無農薬 #vegan #vegetarian #montessori #お座敷 #お子様歓迎 #妊婦 #キッズスペース #遊び場 #赤ちゃん #卵不使用 #乳製品不使用 #白砂糖不使用 #脱ステロイド

4歳ムスメのあそびまなび

娘画伯、先日の作品。

穴の内側と外側。

[こそだて喫茶cotoca]
東京都足立区千住2-18
03-6320-2736
#足立区 #北千住 #こそだて喫茶cotoca #モンテッソーリ教育 #体験型子育てスポット #知育 #おむつなし #マクロビ #ヴィーガン #グルテンフリー #無添加 #オーガニック #手づくり #自然派 #玄米 #無農薬 #vegan #vegetarian #montessori #お座敷 #お子様歓迎 #妊婦 #キッズスペース #遊び場 #赤ちゃん #卵不使用 #乳製品不使用 #白砂糖不使用 #脱ステロイド

シェア【インフルエンザワクチンで免疫力低下】

まだ予防で打つ人は多いのかな…
シェアさせていただきます!

竹下雅敏氏からの情報です。
 インフルエンザの予防接種が免疫システムを破壊するということを、研究者のグループが明らかにしたようです。人口削減計画は陰謀論ではなく、事実だと認識している者にとって当たり前の事ですが、科学者たちによるこうした警告は、多くの人々の目を開くことになることになると思います。
インフルエンザと風邪の違いが私にはよくわからないのですが、本質的な違いがあるようには思えません。風邪に関しては、野口晴哉氏の「風邪の効用」という名著があります。
世界観が完全にひっくり返ってしまう内容ですが、野口氏の見解がどう考えても正しいとわかる著作です。ぜひご覧になってください。
(竹下雅敏)
注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。
————————————————————————
科学研究がインフル注射の真の危険とメディアの隠ぺいを暴露
転載元)

免疫注射は免疫システムを年々、破壊していくことを発見

【訳者注】季節になると気軽に、インフルエンザの予防接種を受けるようなことをやめよ、という重大な忠告である。ハーバード大学からも、同じ趣旨の研究結果が発表されている。
http://www.nnettle.com/sphere/508-harvard-study-proves-unvaccinated-children-poseno-risk
このワクチンを受けた人々は、人体が自然にもつ免疫力が確実に低下し、かえって病弱になっていく。これは想像でもほぼ分かることで、真の問題はそこにはない。深刻な問題は、政府、医薬業界、メディアが、共犯者として癒着していることである。アメリカでは、ワクチンを拒否する子供や親が処罰されたり、ワクチン拒否運動をする医者が暗殺されたりしている。人々はいとも簡単に暗殺されるが、それが新聞に出たり、犯人が捕まったりしたためしはない。一般の人々は、まさか政府が、大企業が、大新聞が、と思って信頼しているが、彼らは結局、大企業の犠牲、人口削減の対象になっている。ところで、民衆からの暴動がそのために起こるのならわかるが、今起ころうとしている“アンティファ”の暴動は、(ワクチンを批判する)トランプを倒せ、という暴動である。ワオ!

Jay Greenberg, www.nnettle.com
October 24, 2017

科学研究者団は、ビッグファーマ(Big Pharma, 大製薬業界)が、インフルエンザ・ワクチンの接種を続けることによって、年々、身体の免疫システムが破壊されていくという証拠を、隠ぺいしてきたことが明らかにした。 http://www.nnettle.com/tags/big-pharma

オハイオ州立大学 Wexner メディカルセンターの科学者たちは、医学研究を続け、インフルエンザ・ワクチンを受けた女性たちは、その次の年から、免疫システムの反応が弱くなっていることを発見した。
https://en.wikipedia.org/wiki/Ohio_State_University_Wexner_Medical_Center

定期的に免疫注射を受ける人々は、ますます病気をするようになるので、もっと注射が必要なのかと考え、注射に頼る傾向が、年々、大きくなっている。

製薬会社はこれらの危険を知っていながら、この注射が引き起こす病気が利益をもたらすので、その証拠を隠ぺいしているらしいことが、分かっている。

Natural News によると、この研究チームのリーダー、Lisa Christian 博士は、このように言っている:「ますます明らかになっている証拠によって、前の年にインフル注射を受けた人々は、次の年には、抗体反応が明らかに低下しています。」

この研究は更に、インフル注射産業――と、その共犯企業の経営するメディア―—の公式物語はウソであり、故意に騙そうとしていることを証明している。
http://vaccines.news/

絶対安全に保護するどころか、インフル注射は現実に、人々をよりインフルエンザに罹りやすくし、当然、より多くの人々をインフルエンザに罹らせる。すると人々は勘違いして、もっと多くの保護が必要なのかと考え、さらに注射をするのである。

https://youtu.be/yD4re8S4xMA
(驚くべき科学研究:インフル注射はインフルエンザを増加させる)

だが、インフルエンザ感染の増加を招いているのは、その予防注射自体である。

言いかえると、インフル・ワクチンの需要は、自然のままの状態より、もっと速やかに故意にインフルエンザを蔓延させてつくり出すもの、という神話が永続化される。(訳者:たった今、NHK ニュースは、「ワクチンの量が今年は少ないので、早めに受けるように」言っていた。)

この構造は、ニセ科学と、無情なメディア・プロパガンダに根づく、“見事な”自己永続化の医療ペテンである。
http://fakescience.news/ http://propaganda.news/

参考記事:
・「ドナルド・トランプの公言:ワクチンは自閉症につながる」
・「警察発表:反ワクチンのホーリスティック医療家 Ann Borock が殺される」(紹介済)
・「ビル・ゲイツのワクチンに堕胎薬が発見される」(ゲイツは代表的人口削減推進家)
・「ワクチン:15 人の子供が、はしかワクチン接種計画のために死ぬ」
・「インドが、ビル・ゲイツの不法な癌ワクチン・テストの結果、彼との絆を絶つ」

【ぼくらの地球の治し方】

買い物は投票なんだに続いて
ポスター、店内に貼ってます!

ご来店の際は、
ぜひ、ぜひ!!
じっくり見ていってください。

そしてわが子の数年後に
想いを馳せてください。

何を考えるべきか
何をすべきか

ヒントがたくさん載っています。

[こそだて喫茶cotoca]
東京都足立区千住2-18
03-6320-2736
#足立区 #北千住 #こそだて喫茶cotoca #モンテッソーリ教育 #体験型子育てスポット #知育 #おむつなし #マクロビ #ヴィーガン #グルテンフリー #無添加 #オーガニック #手づくり #自然派 #玄米 #無農薬 #vegan #vegetarian #montessori #お座敷 #お子様歓迎 #妊婦 #キッズスペース #遊び場 #赤ちゃん #卵不使用 #乳製品不使用 #白砂糖不使用 #脱ステロイド

こどもはしっている

「ねぇねぇー、こどものすきにしましょうってかいてあるのにさ、おとなさ、こどものすきにしないときあるねー!」
↑4歳ムスメの発言。…真理。

そして私がこれ(模造紙での制作)をやってるから、一生懸命「伝えたいこと」をやってるってことがわかるんだね。

やっぱりこどもってすごい。

[こそだて喫茶cotoca]
東京都足立区千住2-18
03-6320-2736
#足立区 #北千住 #こそだて喫茶cotoca #モンテッソーリ教育 #体験型子育てスポット #知育 #おむつなし #マクロビ #ヴィーガン #グルテンフリー #無添加 #オーガニック #手づくり #自然派 #玄米 #無農薬 #vegan #vegetarian #montessori #お座敷 #お子様歓迎 #妊婦 #キッズスペース #遊び場 #赤ちゃん #卵不使用 #乳製品不使用 #白砂糖不使用 #脱ステロイド

 

シェア【汐見稔幸先生のお話】

自然の中ではぐくむ ~こどもたちの心と体~

「開発途上国」と呼ばれるこどもたちの、哲学者のような表情。
1つのことをやり続け日々生きている

道具を開発する=人間の能力低下

最近の5歳児の運動能力=35年ほど前の3歳児と同程度(注1)

戦後体格は良くなっているが、運動能力は下がり続けている

AIなど技術が生活全般に。自宅で仕事、教育。
→コミュニケーション力が育まれなくなる

「発達障害」と診断名を付けられるこども達が増えている
→「増えている」のは環境の問題

食・環境・生活… 「身体の問題が抜けている」
教育者や親が考えられていない

公園=すべり台、ブランコ、砂場。
「これで遊びなさい」と大人が間接的に管理している。
こどもの自主性・能動性を奪っている
※プレイパーク増設の重要性

適応してしまう=心のどこかに欲求不満を抱える
→いじめが起こる

戦後の日本は「生きる目標」が見えていた。
現代は経済も、がんばってもがんばっても見えない。
=日本人は「生きる目標」を見つけられていない。
教育を変えないといけないときに来ている

持続可能な社会を作らないと未来はない
「SDGsを教育に!」

注1)
動作の成熟の遅れ 山梨大の中村和彦教授(発育発達学)ら調べ
七つの基本動作で動きの質を幼稚園児で調べたところ、
2007年の年長児は1985年の年少児に近い結果が出た。
最近の調査では、小学3、4年が85年の年長児と同レベルという結果も出たという。
「幼少期にいろんな動きを経験することが減ってしまった」と中村教授は言う。
「子ども同士の外遊びがなくなったことや、幼児期から一つのスポーツをさせる競技志向などが背景にある。
子どもがそうしたわけではなく、いずれも大人の責任。大人が子どもの発達の可能性を奪っている」

【胎内記憶のお話し会】

私・cotoca店長は、「人はそれぞれ天命を持っていて、自分の人生に必要だから自分に適した親や環境を選んで生まれてくる」と思っているので、胎内記憶を信じています。

なので「わが子は私たちを選んでくれたんだな」と、娘と出会えたことが余計にありがたく思えました。

そして「彼女はどんな人生を設計して来たんだろう」と、彼女を見つめ応えたい気持ちになりました。

親が胎内記憶を知って本当の意味で受け入れたとしたら、もっとわが子そのものを尊重し、こどもを観察し、こども主体の子育てを考えるきっかけになるかもしれない…と思っています。



赤ちゃんが3歳までに生まれる前の事を話す子が3人に1人いると言われています。
胎内記憶ってなんだろう?
聞いてみたけど、話してくれない。
色々話してくれる!自分が覚えてる!
どんな方でも興味がある方、一度聴いてみませんか?
育児や妊娠中の生活変わるかもしれません。
妊娠を考えてる方、妊娠中の方、育児されてる方どなたでも!

場所:こそだて喫茶cotoca
東京都足立区千住2-18

アクセス


参加費:1,000円
講師:齊藤のり子(日本胎内記憶教育協会)
お申込み:nori2youta@gmail.com