こどもアートレッスン、レポート

4/13(土)のcotocaこどもアート。

講師のスズキミ先生がレポートをあげてくださいました(*^^*)

【レッスンレポート4月13日~音楽を描く♪】

音楽を聴いて、イメージをふくらませてパステルで描くレッスン。

今回もとても楽しい会になりました。

演奏した曲は、ヴィヴァルディの”春”

曲名は言わず、フルートの演奏をこどもたちに聴いてもらい、演奏しては質問を繰り返しました。

先生:どんな気持ちになったかな?

子供たち:たのしい、悲しい、あぶない!

先生:そこはどんなところ?

子供たち:うみ、いちご畑、雪、デザート!

先生:そこはあったかい?寒い?

子供たち:あつい!つめたい!あぶない!

先生:そこにはなにかいたかな?

子供たち:トラ、ぞうさん、チーター、モルモット、おさかな、自転車盗んでる人、船はいないの~びっくりして逃げたの

子供たちの想像力すごいです。

質問タイムがおもしろすぎてずっと聞いていたかったよ。

自分のイメージの色紙を選んで、制作タイムに入ると、みんなあふれる勢いでパステルで描きはじめました。

その勢いが全員ほんとうにすごくて、迷いなく線がひかれていって、みんなかっこよかったよ。

今回2歳~3歳児さんも多かったのですが、席に座ってみんなの輪の中で質問に対して自分の意見をしっかり発言して、すごい集中力で作品を描いて、本当に立派でした。

4歳のおねえさんたちは、線だけでなく、面を組み合わせたり、面と点を組み合わせたり、自分で工夫して画面の表現を発展させてきていてこれまた素敵でした。

これからも楽しい気持ちと自由な環境でこどもたちの感性、表現力を伸ばしていきたいと思います♪

この記事を書いた人

cotocaのおかあ
cotocaのおかあ
ソウゾウびと。一児の母。
トゥクトゥク家族🛺
こそだて喫茶cotoca創業。
東京本店の元店長。
→コロナ禍マルタ共和国移住→
宮崎県に自給自足移住。
古民家改修中。別館稼働中。
毎日=わくわく。日常=非日常。
【特技】聴くこと。つくること。
繋げること。
想いを現実化させること。
誰かの人生の後方部隊。広報部隊。
目には見えないものを扱っています。