杉本さんの田んぼ見学

今日は、我が家で食べててcotocaでもお世話になる無農薬玄米「米詩」の田んぼを見に、静岡県焼津市まで行ってきた。

米詩は、杉本一詩さんという方が自然農法で栽培している玄米で、完全無農薬&無肥料。

ご自身で「ほったらかし農法」と謳うその栽培方法で、田んぼにはメダカや蛙が生息していた。

無農薬無肥料ということはわかって食べていたけど、実際にお会いしてお話を聞いて、本当にお米作りが楽しくご自身の田んぼを愛してるんだなぁと熱い想いを感じた。

そして何より、環境を活かし共に生きる・その環境を地域のこどもたちにも提供して自然に学び考えさせる、そういう行いにすごく心打たれた。

杉本さんは、旦那さんが食の展示会で出会ってきてくれたんだけど、そのときすごくウキウキと「いい人見つけたよ!!」って言って帰って来たのが忘れられない。その後も心酔というか、敬愛というか、旦那さんの杉本さんへの話しっぷりがそういう感じだったのよね。

こういうことだったのね。この数ヶ月、私は理解していなかったよ。。というか、もっと私にアピールして教えてよ!!と思ったりもした(^_^;)

以下、杉本さんのHPより抜粋。

http://komeuta.com/cn8/sugimoto.html

『無農薬を目指すというより、この生き物たちと一緒に、自然な米作りをしたかった』

昨今は、カメ虫やバッタさえ害虫として農薬で駆除されてしまうが、本来、それらはカエルのエサになる。そのカエルをヘビが食べて、鳥がヘビを狙う。そうして小さいものが大きいものを食べ、それぞれの死骸や排泄物を微生物が分解して、肥料になる。僕が目指した「生き物と一緒に米作り」というテーマは(田んぼの状態を客観的に評価できる「水田環境鑑定士」の資格取得からも)間違っていないとわかった。

『化学肥料はもちろん、外部からの有機肥料も使わず、ブレンドもせず、地元の土壌と水、生態系、そして自分の田んぼで穫れた稲ワラやもみ殻などを肥料にする僕の米作り』

化学肥料や有機肥料を入れればグンと良くなり、味だってもっと高まることは分かっていましたが、それはしたくない。だってそれって、言わば肥料で味付けられた米。本当にこの土地の力で地力(個性)を活かした米作りがしたい。

熱いゎ~ & もっとお話聞きたかったあ。

次回は苗植えの5月ね!

ちなみに旦那さん、ブログに初顔出し(^_^;)★

この記事を書いた人

cotocaのおかあ
cotocaのおかあ
ソウゾウびと。一児の母。
トゥクトゥク家族🛺
こそだて喫茶cotoca創業。
東京本店の元店長。
→コロナ禍マルタ共和国移住→
宮崎県に自給自足移住。
古民家改修中。別館稼働中。
毎日=わくわく。日常=非日常。
【特技】聴くこと。つくること。
繋げること。
想いを現実化させること。
誰かの人生の後方部隊。広報部隊。
目には見えないものを扱っています。