you can

問題を解いて
他の子を待ってる間
先生たちは
「you can drawing」
「you can colouring」
canっていう。
「あなたは○○することができる」。

日本では言わない気がする。
「お願い」な気がする。
もしくは「許可」
「○○して待ってて」
「○○しててもいいよ」
って。

「○○する?」
→する。しない。
私はこれをするって
こども自身が決める訳でもない
「○○して待ってて」
「○○しててもいいよ」。

許可制。
選択権がこどもにない。
お願いにしても
自分(大人)が
状況をコントロールしたいから。

大人たちの意識は
こどもたちより常に【上】にいる
しかも無意識で。
そうやってこどもに関わってる
気がするなぁ
教師も、親も。

まぁこっちも似たようなもんだけど、
逆に厳しい場合も多々あるけど、
そういう場合
大人が無自覚ではなく
「状況をコントロールしたい」
っていう
目的がはっきりしてる。

公園とかでよく見るんだけど
通常は放任気味で
親や大人が「躾けたい」という場面
急に厳しくはっきりと強く
「NO!」をいう。
それまで放置なのに
有無を言わさず連れて帰る、
一発退場ってかんじ。
※ヨーロッパ圏の人の傾向
※中国の人はまた違う

こどもには相手の子、
自分は相手の親、
小さい頃から
空気を読むことを
態度やことばで刷り込んでいる
しかも「常に」強弱なく。
日本とこちらではそこが違う気がする。

日本人の気質として
もちろんいいところもあるけど
まだ自分と他者の境目がはっきりしない
まず「自分」を理解する段階
小さい子にそれをするのは
過剰かなとも…
私は、ね。
だから日本人、
「日本の今」があるんだろうけど…

本当は言っちゃえば
drawing colouring
とされてる時点で
選択が制限されてる訳だけど、
(ここで自分が自ら決められればいいけど)
どうせ同じ刷り込まれるなら
周りの顔色見て判断することを覚えるより
「わたしは〇〇できる」
ってことを覚えた方がいいよなー

って思ってしまった。苦笑

改田夫妻移動中
https://cotoca-senju.jp/co-oto-oca_kaida/

#マルタ #マルタ共和国 #Malta
#子育て #こどもが主役 #大人が自覚する
#全ては繋がっている
#人類 #地球 #宇宙 #改田