もしシュタイナーのいうように

不安や恐怖をもたない人間になる
それが人智だとすれば、、

そして私自身がずっと感じている
「全てに意味があってつながっている」
「生まれること、時代、場所、個性…
ぜんぶ自分で決めてきている」
それがヒントだとすれば、、

私は相当なカルマを抱えて(決めて)
イマココ
この地球に
生まれて来たのかもしれないなぁ。。

アカシックでは
「おでかけ♪」
て感じで
イマココの地球を
体験するために
1個の旅行先気分で
とくに重い決断や決意でなく
ぱっと選んできた、みたいだったけど

“今この時” の私がかんじてることは
逆。真逆。

こどものときから培われた
「支配からの脱却」
これはなかなかに根深くて。。

しかも今の社会、世界、日本を見つめながら、
1番重きを置いている
(っていうかどうにも考えてしまう)
娘の将来
娘の自由と選択
それへの責任(=余計なお節介)
わかっているものの、
ひょこひょこ顔を出しては
私を揺さぶるわけで。。

私自身のエネルギーが
変容しているのかしら。。

でもこの思考をぐるぐる巡らせてる
今この時さえも、
体験で学びで
なによりも遊び!
そうも思えたりするんだよなぁ。。

私が最近また1年半ぶり?くらいに
閲覧を復活させた
サイト「In Deep」の筆者さんは
こう記しているんだけど

========

私が、神経症から
パニック障害になった意味は
「私に、自分の中にある
根源的な恐怖の存在を
知らしめるためだった」
と今は思います。
========

すごく共感できるのよね。。

今マルタ共和国で暮らしている中で起こる
感情のもろもろや、
この先の自分の生き方、生きる場所
自分たちで創造していく日々、
地球で起きることとの 共存 共有 …

なんというか、すごく ものすごく
試されているというか
鍛え上げられているというか
本当に、ずっと、

自分の思考と感情に
向き合い続けさせられてる

そう思うから。。

========

先ほども書きましたが、
今の人生の中で、
自分の根源的な恐怖を消し去り、
次の来世に生まれる人に、
私より楽に幸せに生きてもらいたい。

ということです。

もちろん、
その意味と責任を達成できる可能性は
極めて低いと思います。

多分できないと思います。

そもそも、シュタイナーの言う、
「自分自身の思考の流れを
支配すること」
を達成するだけで、
何十年かかるものだか。

さらに
「人生のさまざまな現象に
対するとらわれない」
ことについては絶望的な感じがします。

何が起きても平気でいられるなんて。

道を知人と雑談をしながら
歩いている時に、
知人が突然射殺される。

外で食事をしている時、
震度7の地震が起きる。

そういう時でも「とらわれない」。

難しいと思います。

そして、最も難しいことは、
これらには
「手っ取り早い方法は存在しない」し
そもそも、
「基本的に、方法論というものが
存在しない」
のです。

いかなるインスタントな方法も
存在しないと思います。
手探りしかない。

自分自身で
そのように思って生きるしかない。
だから、時間がかかるのですね。

黙って待っていれば訪れるものではないです。
考えられない苦痛が伴うことが
目に見えています。

10年20年で行き着けるものでも
ないかもしれません。

そして、それは他人が
一切介入できるものではなく、
いつの時代でも、どんな状況でも、
自分1人だけしか、問題の解消は
なし得ないものだと思います。

ただ、その難しさはともかくとしても、
やっと「生きている意味」
がわかったのですから、
そのことについては喜ぶべきことだと思っています。

========

改田夫妻移動中
https://cotoca-senju.jp/co-oto-oca_kaida/

#マルタ #マルタ共和国 #Malta
#子育て #こどもが主役 #大人が自覚する
#全ては繋がっている
#人類 #地球 #宇宙
#エネルギー #循環 #改田

この記事を書いた人

cotocaのおかあ
cotocaのおかあ
ソウゾウびと。一児の母。
トゥクトゥク家族🛺
こそだて喫茶cotoca創業。
東京本店の元店長。
→コロナ禍マルタ共和国移住→
宮崎県に自給自足移住。
古民家改修中。別館稼働中。
毎日=わくわく。日常=非日常。
【特技】聴くこと。つくること。
繋げること。
想いを現実化させること。
誰かの人生の後方部隊。広報部隊。
目には見えないものを扱っています。