シェア【大晦日だけど「未来がないならこどもは産まない」】

私たち大人のせいで、「こどもを産まない」と決断している今のこどもたち。

他国から「化石」と言われる日本。

cotocaでもお話会をして下さっている成田風架さんの記事、シェアさせていただきます!

「大人たちが本気で行動を起こすまで私は子供を産まない」
https://www.google.co.jp/amp/s/front-row.jp/_amp/_ct/17303946

気候危機に対して真摯に向き合わない大人たちに宣言をきった少女たちが世界中にいるんだそうです。

ここ2年ほど地球環境について黒井せいこちゃんからもたくさん教えてもらっておりますが、このことは今日Takahisa Taniguchiさんの講演会で初めて知りました。

世界で行われてる環境への取り組み、
地球のいまの実情、

その中で日本が環境問題に対してどれだけ遅れているか!!
(そりゃ化石って言われるよね、JAPAN。涙)

さまざまな衝撃な事実が飛び出して
とにかくビックリで胸が痛い時間でしたが
冒頭の言葉を思いだすたびに涙が出ます。

自分が母になったこと、
子供たちが笑顔で生き続けることが
なによりも幸せだと思うからこそ

いつか母になりたいと願う子供たちが
まだ見ぬ子供の将来を憂い、
それならば産まないという選択をすること。

どれだけの想いだろう。

私たちが壊し続けている今の地球、
これ以上壊さないようにするために

私たちにできることはまだまだたくさんある。

今日のお話を受けて
まだまだ書きたいことがてんこ盛りなので
少しずつ発信していきまーす!

たくさんの人の力で今日の開催ができたこと、
感謝感謝です!