• Home
  • Archive by category "【cotoca 新着情報】"

2017/11/30 記念日

今日の私。

輝きベビー®︎メソッド体験会開催2日目と、ずっと気になっていたPoints of you体験会の受講。

今日の旦那さん。

ついに、個人事業主の書類提出。

夫婦揃って記念すべき良い日となりました。

路上販売2日目

今日も北千住駅前へ路上販売に向かう。

雨の止んだ夕方、旦那さん、がんばる★

結果、今日は11個売れた!!!o(*゚▽゚*)o

…って書くとすごーい!!ってかんじだけど、そのうち10個は昨日4個買ってくださった外国の方(同じ人)。ってそれはそれで何やら色々とすごいんだけど(^_^;)

おいしかったよって言って最初は5個って言ってたらしいんだけど、誰かに電話をしてもう5個追加で買って行ってくださった。

旦那さんとその方が話している時、様子を横目で見ていた年配の女性がいたから(他にも結構たくさんの人が振り返っていたんだけど)今度は私が「クッキー売ってます」ってお声掛け。

「糖尿の気があるからなかなか量食べられないのよ」って言いつつも買って下さろうとしていて、卵と乳製品・白砂糖使ってませんってことだけ伝えた。お店はどこ?私近所の眼科に行ってるわよ、とかって千住トークして盛り上がり、結局お買い上げくださった(*^^*) その方、81歳って言ってたけどお世辞抜きに肌がきれいでお化粧も品良くしていて若々しいの。こんな人がおばあちゃんだったら自慢だなーってかんじ。

横にいたベビーカーで寝ちゃったムスメちゃんを見て、「そんな格好じゃさむいわよ。何か掛けてあげなきゃ」って言ってくれたり。そこで「はっ!」として持ってたブランケット掛けたんだけど。

なんかね、こういうかんじ。

こういうご近所さん感覚、世代を超えたこういうのが、日常のワンシーンとして当たり前にあればいいなって思ってる。それが、cotocaという場所であればいいなって。

今日もいい経験ができました!

路上販売1日目

今日は、夕方の1時間程度だったけど、はじめて路上販売をした。10/1のイベントでも販売した「つみきクッキー」の変形版。1セット¥350。

イベントでレンタルキッチンの契約が必要だったんだけど、まだ契約が残っていて、一昨日旦那さんが行って作ってきた。
で、千住の町で移動販売しようと言っていたんだけどこの雨(・_・;
「どうしようか、やっぱり駅前だよね」「チラシ配りメインで販売しよう」って細かい計画ナシに、イベントで使ってそのままになってるおつり用の小銭と手渡し用ビニールだけかばんに詰め込んで、クッキー並べて駅前へ向かう。
で、ここでも旦那さん、意外な積極性発揮★
抱っこ紐のお母さん、小さい子と歩くお母さん、マタニティーマークを付けてる妊婦さんに次々声を掛けてチラシを手渡す。
お店に入るのに傘を畳もうとしてる or 開いて出て行こうとしている方たちへの声掛けだから、メイワクなことしてるなーと心苦しくも思ったんだけど、結構皆さん受け取ってくれた(ありがとうございます!!)
ムスメちゃんをがっこー(保育園)にお迎えに行く時間だったから、私は旦那さんを残してその場を離れた。
で、戻ってきてから「何個売れた?」って聞いてみた。
この状況下、チラシを渡すのが精一杯で売れる訳ないと思って聞いたんだけど「4個」っていうの。
ヘラヘラ笑ってるからまたテキトーなこと言ってるんだろうと一瞬思ったんだけど、なんかどうやらほんとっぽい。
2-3回聞いても「4個」って言うから「ほんと?なんで?どうして?」って聞いたら、真相は意外なことだった。
「外国の方がこっちを見てて、それなにっていうからベジタブルクッキーって答えたの。売ってるのって聞くからそうって言ったら3個ちょうだいって。“今日はじめてのお客さんです!”って言ったらもう1個買うっていってくれて4個売れた」だって!!びっくり。うれしいんだけど意外過ぎて面喰らっちゃった。
妊婦さんや小さい子のお母さんがcotocaのお客様と思っているけど、それ以外の方はNGというわけではもちろんない。だから誰に売れてもすーっごく嬉しいんだけど、「外国の方かぁ!」って感慨深いというか。
こうやって売ってることへの反応というか、捉え方が違うのかなって、面白いって思ったのか抵抗なく普通に感じたのか、びっくりなんだけど妙に納得する部分もあって。
それと、旦那さん、流暢な英語じゃないけど話せるから出来たことだって、なんかすごく、うーん、いい経験になった。
明日も北千住駅前で販売するので、良かったら様子見るだけでもきてください★
※警察署も保健所も確認済み(行商許可申請について)だから、問題になることじゃないと思うんだ。一応。
{65F38BA3-597C-413C-AE50-A0F31589C620}
{27BE5C8F-847C-45C4-B5BB-71956D0019B6}
{606343AD-D27A-444E-BB21-80EFA46EDB2D}
{0ECB8F4B-2C57-4166-8D4A-003E67BA2C31}

トモコが

「こども関連の仕事をする事になるとは。あんなにこども嫌いだったのに」。

この間の金曜日、友人である千住のミュージックバーCubのマスターにそうしみじみ言われた(^_^;)

「こども、嫌いじゃないよ、私の人生には縁がないって思っていただけー」

私はそう答えた。

Cub(カブ)のマスターとは私が23歳の時に知り合った(ぎゃーもう17年も前!!)。その頃のマスターはまだお店をやってなくて、16歳年上で飲み仲間や音楽仲間がいっぱいいて、私と幼馴染のEちゃんはその中に入れてもらって一緒に千住のいろんなお店に連れて行ってもらった。マジメで義理堅い人だから信頼も厚く、交友関係も広く、とにかく人としてすっごくいい人。

その頃はしょっちゅう飲んで、年月を経て今はパパママ友でもある、大切な大切な友人の1人。

「トモコ(私)はこどもが嫌い」。

それって、私をよく知ってるから言える事。

そして私の昔からの友人は、中学高校専門・社会人になってからも、殆どみんながそう言うと思うし、そう捉えてると思う(^_^;)

『嫌いじゃない、むしろ私はこども好きだしこどもにも好かれる。けど苦手なんだよなー、どう接すればいいかわからないし。こども用の態度(?)とか取りたくないから敬語になっちゃうんだよね。。でもそれってちょっと変だよねぇ。他人の子、距離感がわからない。やっぱりニガテ』10代20代と30代前半、ずーっとそう思ってきた。

そして、自分は産むことはないだろうと思ってた。生むことは出来ないって。

だから、そんな私が「こそだて喫茶cotoca」をやるなんて、私の友人たちにとって本当に驚き&しみじみ…だろうなぁ(^_^;) あ、あと父と叔母にも。

結婚するってなったときも「あのトモコが!?」っていろんな人に驚かれたし、ムスメちゃんとの初対面のときもみんなしみじみしてたもんね…(^_^;)

でも私自身、旦那さんに会ってムスメちゃんと出会わなければ、あり得なかったと思うもん。

…いやでも、それが私の運命だったともはっきり思うんだけどね。

「そうかー、そうだよねぇ。そう思うよねぇ」

客観的に自分の現状をみる、そんな出来事でした。

Cub

営業時間/19:00位~25:00位

定休日/日曜、祭日

住所/〒120-0034足立区千住2-45ますやビルB1

(北千住駅より徒歩約3分。ぶっくらんど手前、らーめんひむろの隣。エステとストレッチのあるビルの地下。入り口にコカコーラの自販機)

https://barcub.jimdo.com/

チラシ配布@あだち区民祭り②

今日もイベント会場で配布。

旦那さんがいる日だったから、3人で荒川土手へ。

旦那さん、張り切ってくれて、どんどんガツガツ配ってくれた★

NPOのイベントでも感じたけど、声掛けしたり配布したり、旦那さんが意外と積極的でびっくり!

ムスメちゃんの積極性は父親譲りなのかもね(*^^*)

チラシ配布@あだち区民祭り

今日はムスメちゃんと、毎年この時期に荒川土手で行われるあだち区民祭り「A-festa」に行ってきた。これは屋台やブース、ステージでの出し物とかいっぱい出る、大掛かりな足立区のお祭り。

ムスメちゃんが生まれる前も、ちょっと1人で覗きに行ってみたり、そういえば認知症の祖母を車椅子で連れて遊びに行ったこともあった。

ミニSLやふわふわ遊具とかいろんな体験ブースもあるから、昨年も1歳だったムスメちゃんと遊びに行ったのよね。

遊んで食べて、こどもフリマで買い物して、ムスメちゃんが食い付いてステージ見学へ。

そこでお店のチラシ配りも決行★

これは、NPOフェスティバルで後悔してる部分の、リベンジでもある。

お子さん連れで来る人、本当にたくさんいること知ってるから、抱っこやベビーカーのお母さん&お父さんに声掛けてチラシを渡そうって考えていたの。

このイベントが行われる荒川土手は最寄りが北千住駅だし、うちのお店は北千住だし、これはいい告知場所&機会だって思って。

ただの来場者の私が見知らぬ来場者の方にいきなり声掛けて渡すんだから、考えてた以上に最初はすっごいドキドキだった。

でもムスメちゃんにチラシ持ってもらって「あの人にどーぞって渡して」って試しに言ってみたら、最初の数秒だけモジモジしたけどすぐトコトコ歩いて行って渡してくれちゃって(^_^;)

もちろん私も隣にいたんだけど、こどもが配ってるから、相手の方もびっくりしながらもすんなり受け取ってくれて。ムスメちゃんが渡す→私がお話するっていうパターンが完全に出来て、数人の方に渡す事ができた(*^^*)

ムスメちゃんも「つぎは?つぎはだれ?」って超積極的だったし(・_・;

6-7カ月の頃からかな? ママ友や、子育てサロンで出会うお母さんとかスタッフさんとかにおもちゃ渡すのが好きで(こどもより大人に)、それは今も変わってないって色んな場面で思っていたけど、こういうことも出来るとは。

ムスメちゃんを本当にすごいヤツだって思った。

さすが、未来の看板娘だね★

http://www.city.adachi.tokyo.jp/kanko/2017_a-festa.html

リベンジを!

私があまりに凹んで旦那さんに話して、「リベンジ出店したくなっちゃった」って言ったら「えーやだー!!もうやだよたいへんで」だって(^_^;)

「違うよ、来年のNPOのじゃなくて。オープンまでにどっかで」って言ったら「あぁ(本気でホッとしてる(^_^;))。マルシェとかマクロビとかへの出店だったらいいんじゃない」「それか、どうせ家の塀は解体するんだから、庭で展示すればいい」って★

そーだよね!方法はいくらでもある。

私も早速行動考えてる。

がーんばろ!

イベント後記

Facebookには書いたけど、イベント翌日(昨日)は頭痛でほぼ1日ダウンしていた(-_-;)

数日前からムスメちゃんが咳してて、前日昼過ぎくらいから私も弱冠喉が痛くなって「ヤバイ!」って薬飲んでたのよね。。そのまま徹夜でイベントだったから、気が抜けた瞬間、体調不良に(-_-;) 歳には勝てないと思い知る四十路の私。

そんなことはさておき、イベント、特に【手づくり教具(おもちゃ)】の反応を少しだけ書こうと思う。

*年齢&月齢が合って体験してくれたお子さん(目安は8ヶ月頃~1歳半前後)はもちろん、小学校3-4年生くらいの男の子がすごく食いついたのが印象的だった。

「ナニコレ。簡単すぎる~!!」といいつつ、いつの間にかビー玉入れを特に選んでずっとやっていた。そして1時間位後にまた戻って来て「ヒマだから来た。20秒で入れるから計って!次は15秒!」と完全にハマってくれてた^_^

*「手作りおもちゃ作ってもうちの子全然やらないから」と何度か言っていたお母さん。

だけど、お子さんが届かないテーブルに背伸びしながら必死で次々にやりはじめて「こんなに出来るなんて。なんか感動…」と言ってくれた★ こちらもすごく感動してしまった(T . T)

*持ってきてた布を地面に敷き、簡易スペースを作ったら、座り込んでハマって体験してくれる子が増えた★

(次のブースに行きたいのに…というお母さんも増えてしまったように思う。ゴメンナサイ!)

*お孫さんに作りたいと足を止め、興味深く体験し研究して下さった女性。

「100均で作れるのね。いいわね、こんなのあるのね!おもちゃって高い割に買ったってすぐ飽きちゃうから」と感心してくれた。

(この方だけでなく、100均材料っていう身近さで興味深げに体験してくれても購入には至らないことが大半だった(・_・; まぁいいや。今回は知っていただく事が重要だからね!←強がり)

かつての私のように、これらを知らない人がたくさんいる。

モンテッソーリだとか集中だとか教具の効果だとか、そんなことは関係なく、こども達は実際にハマってくれる。

そしてそんなこどもの姿を見て、お母さんやお父さんが喜んで、何かを感じ取ってくれる。

私は、やっぱりこれを1人でも多くの人に知って欲しい。

私は、自分が生まれ育った、そしてムスメちゃんが育っているここ・足立区千住から、広めて行きたい。

実際の学びと確認、新たな決意を得る事ができた。

ありがとう。あだちNPOフェスティバル!

イベントの反省&後悔

昨日のあだちNPOフェスティバル。

出店ブースのテントの右側には、私たちの親子カフェに導入するメソッド「輝きベビー®️」の「集中現象」写真を展示した(屋外だから反射しちゃって見づらくて、ウォールポケットに入れない方がよかったというのもあるんだけど)。

でもテントの後ろに掲示した「親子カフェオープン決意までのいきさつ」こそ、手前に掲示すべきだったな。。

おもちゃ関連は最初テント内に誘導して体験してもらう予定だったからパネルは後ろに掲示したし、ブースに個性を持たせるために・足を止めて貰えるようにと思って、色々考えて配置したけど、もう、大失態&大後悔(T-T)

昨日の写真を改めて冷静に見て反省してる(T-T)(T-T)(T-T)

イベント途中、NPOスタッフのK川さんに「個人的に動線として…」って、ウォールポケットの存在について指摘されて、至急配置換えを検討したんだけどさ。。旦那さんと話した結果、そのままの掲示にしちゃったんだよね。。そのときにもう一度、冷静に見渡すべきだった。。

おにぎり買うのにお客様が並んでくださった時間帯もあって、その時に「いきさつパネル」が手前にあったらもっとアピール出来たよね(T-T)(T-T)(T-T) あーあ。。

この失敗を取り返せるよう、考動しなくては!!

あだちNPOフェスティバル終了

昨日はたくさんの方にご来店・ご購入下さりありがとうございました。

慣れない出店で至らない点も多々あったと思います。今日の反省を来年3月のオープンに必ず活かします。

感じること学ぶことがたくさんあり、とても有意義でしあわせな一日でした。ありがとうございました!

まずは御礼まで。

こそだて喫茶 cotoca