• Home
  • Archive by category "cotocaを語る"

映画「かみさまとのやくそく」上映会 2018/05/27(日)

こそだて喫茶cotoca オープン記念イベント
【映画「かみさまとのやくそく」上映会】

お申込みはコチラ↓

http://hokaka.net/2018/03/986

昨年夏に鑑賞して以来、絶対に上映したいと願っていた映画。それがこの「かみさまとのやくそく」。

cotocaの店内での上映がついに現実となりました!!
体内記憶を語るこどもたち。お子さんは“あなたを選んできた”。
すべてのお母さんに観て欲しい映画です。

https://www.facebook.com/events/1860455850912887/?ti=icl

●平成30年5月27日 (日)

●イベント名:「かみさまとのやくそく」上映会

●時間:
10:00 開場
10:30-10:45 挨拶
10:45-12:15 「かみさまとのやくそく」上映会
12:15-13:00  懇親会

(状況により多少の時間の変更がございます。)

●会場:こそだて喫茶 cotoca(コトカ)
東京都足立区千住2-18
東京メトロ、JR常磐線、東武スカイツリーライン
つくばエクスプレス 北千住駅西口より直進し徒歩7分

●定員:10名

●料金:
中学生 以上 2000円
小学生 以下 1500円
未就学児 無料

(授乳スペースもございます。)

※イベント参加の方はキッズ利用料は掛かりません

●お申し込み
下記のカートシステムをご利用くださいませ。

●お問い合わせ
申込などご不明点がありましたらお気軽にご連絡下さい。
TEL:050-6867-7268(勤務中につき折り返しの電話になることが多いです。ご了承くだ
さいませ)
HOKAKAお問合せフォーム

●主催:保育看護介護に活きる上映会(http://hokaka.net/)
●共同主催:こそだて喫茶 cotoca(コトカ)

ごあいさつ

●以下で事前予約が可能です
選択していただくと、銀行振り込み もしくは 当日払いを選択できます

http://hokaka.net/2018/03/986

「こそだて喫茶cotoca」ご予約について

cotocaにはこんな想いがあります。

*予約なしでふらりと来ていただきたい

*実家に帰るような感覚で、構えず気軽に来て欲しい

*子育てに関していつでも聞いたり話したりしに行けるような場所になれたら

そんな想いがあり、新米ママさんや妊婦さんの「第2のわが家」となるのを夢としています。

ですが、元々は小さな普通の住まいです。充分なお席の数はご用意出来ないかもしれません。

万が一、いらした時に席数が足りなかったらご迷惑をお掛けしてしまいます。お子さんを連れてそうなってしまったら、とても大変です。

ご来店の際は、ご予約またはお電話にて確認していただけると安心かと思います。

店主 改田昌寛(カイダアキヒロ)

店長 改田友子(カイダトモコ)

公式HP http://cotoca-senju.jp

「こそだて喫茶cotoca」定休日について

こそだて喫茶 cotocaは、日曜・月曜・祝日定休とさせて頂きます。

(本来は土曜・日曜営業させて頂きたいのですが、まだムスメが小さく保育園通いの為、せめて休日のどちらか1日は一緒に過ごしたいからです)

火曜〜土曜日は9:00-17:00営業となります。

何卒よろしくお願い申し上げます。

こそだて喫茶 cotoca

店主 改田昌寛(カイダアキヒロ)

店長 改田友子(カイダトモコ)

公式HP http://cotoca-senju.jp

花壇ベンチ

急遽、外スペースの一角に花壇のベンチを作ることになった。

cotocaは元々は私の祖父の家。母と叔母が小さい頃からそこにずっと居た木だから、切って無くしてしまうのが私はどうしてもイヤで。

この木を残すことにしたのはいいけど、庭の地面を掘ってみたらびっくりするくらいしっかり長く広く根を張っていた(・_・; (60年近く生きてるんだもん、そりゃそうだよね)

庭の整地をするために、ある程度根っこを短く切って整えたものの、そのまま丸見えで残すのはかなり変。。体裁を整えるには花壇かなぁってなって。

なんかこの空間にただの花壇っていうのもイマイチだね、じゃあベンチにするかって、建築士さんと現場の工事の方たちで考えてくれた。なのでこの木の周りには小さなベンチが出来る予定です。

お客様はもちろん、ご近所の方にもちょっと寛げるような場になるといいな(*^^*)

公式サイト http://cotoca-senju.jp

杉さん、ご来訪!

cotocaで使用する玄米を生産されているのが、杉さんこと杉本一詩さん。

昨年秋、杉さんの田んぼを見に静岡県焼津市まで行ってきた私たち。

(関連記事は http://cotoca-senju.jp/2683/)

今日は逆に、杉さんが我が家(cotocaの現住所)まで来て下さった★

(杉さん杉さん言ってるけど、私たちがそう呼んでるのをご本人は知りません(^_^;))

仕入れのお話と、新商品の説明と試食をさせて下さった杉さん。相変わらず、お米への愛と自然で安心な食べものにかける想いが熱くて、勉強熱心で、私はもっともっとお話をたくさん聞いていたかった。

帰り際に杉さん、「田植えの時期にまたいらしてください。お客さんと一緒にツアーで来てもらってもいいですよ」って言ってくださった!

こどもと大人が一緒になって田んぼに苗を植えて。時期が来たらまた収穫に行って、その玄米を持って帰ってそれぞれのお家で食べる。。なんてステキなの!!

ぜひ実現させたい。楽しみだー★

杉本一詩さんのサイトはコチラ

http://komeuta.com/cn8/sugimoto.html

[おもちゃの取り合い]自分たちで解決した話

この間の記事(http://cotoca-senju.jp/2341/)の続き。

1つは、いつも取られっぱなしの相手・半年上の従姉妹Mちゃんとの話。(Mちゃんが3歳寸前、ムスメちゃんは2歳半の時の話)

2人で並んでピアノを弾いていたんだけど、Mちゃんがムスメちゃんの目の前の鍵盤を押し始めた(しかも無言&無表情で)。ムスメちゃんの手の上からぎゅうぎゅう、体もぎゅうぎゅうし始めて、Mちゃんの心の声「ここも私が弾きたいの!Yちゃん(娘)どいて!」っていうのががっつり聞こえてきてた。

幸い大人は私1人だったから“チャンス!体験させよう!”って、成り行きを見守ってた。

こういう時、いつも泣いてるムスメちゃんだから今回もそうかなー…って思っていたんだけど。。

Mちゃん、我慢出来ずについに声に出して「やだ!Yちゃんはこっち!」って強く押す。ムスメちゃんは珍しく動ぜずマイペースを保ってた。

そしてしばらくして「Mちゃんもおしたいねー」って言って自分の場所を譲ってあげた。

…2人で解決が出来た!

 

もう1つ、別のシーンでは。

ムスメちゃんが持ってたチョココロネのおもちゃを貸してってMちゃん、やだってムスメちゃん。

Mちゃんが私に言いに来る。「ともこ、ちょこのぱん、やだよって(貸してくれないの)」。

「そっか。どうしよう。Mちゃんどうしたい?」そう聞いたら無言で考えてる。2人で考えてたらムスメちゃん、トコトコ来て貸してあげた★

「すごいね、2人ともえらいねお姉さんだね。Yちゃんは貸してあげられたね、Mちゃんは待つことが出来たね」って声を掛けた。

「いっかいだけ?(使うの?)」ってムスメちゃん。うん、てMちゃん。

その後2人で向かい合わせに座って「えへへぇ!!」だって。

「かーしーて、いーいーよ、ってしたの」って笑ってた(*^^*)

また、2人で解決が出来た!

「貸せた」「待てた」。

2人それぞれが “自分で出来た” ってすごく感じられたんだな、そしてお互いを認めてうれしくて「えへへぇ!!」なんだなって、見ていて感動してしまった。

私が仕切って解決してしまわないで良かった。余計な手出し口出しをしないで、こどもを信じて見守って本当に良かったって。

それから、もう1つ別の話。これは、輝きベビー®︎スクールでのこと。

取られることの多いムスメちゃんも、取る事がある。

珍しく、しかも自分より明らかに1歳近く小さい子の使っていたラッパのおもちゃを取っちゃった。

スクールではお母さんに共通認識があるから、相手のお母さんが「様子見てみましょうか」って声を掛けてくださった(←この対応がもう素晴らしい!!(T . T))

ムスメちゃん、取り上げたラッパをぷぷー、ぷぷーって吹いてる。周りの大人たちは黙って見てる。

ぷぷー!、ぷぷー、ぷー… ぷ…。段々音が小さくなる。

「はい!」と言ってその子に返してあげた。

これを見て周りの大人たちは笑った。「返せたねー!」「おっかしい!!音聞いてた?」って。吹いてても楽しくない、気まずいって自分で感じて、返すって自分で決められたって。この話は伊藤先生、セミナーや講座で度々するのよね(^_^;)

こどもには、自分で解決する力がある。

必ず、自分たちで結論を出す。

だから大人はその機会を奪ってしまわないよう、我慢や他者の尊重や交渉・考えるという経験をさせてあげられるよう、脇役に徹していたいととても思った。

cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com