• Home
  • Archive by category "店長のこそだて手帖"

手作りクリスマス

今日は旦那さんとムスメちゃんが、2人でXmasのお料理をしてくれた★

グルテンフリーのヴィーガンケーキと、手作りpizzaと手作りローストビーフ。

植物性+動物性でなんだかよくわかんないけど、今日は特別Xmasっぽく…ってことで(^_^;)

【お手伝いの効果】

⚫︎視覚以外にも触覚や嗅覚などの感覚も同時に研ぎ澄まされる

⚫︎達成感を得られる

⚫︎普通にしてるとなかなか見られない「食物の断面」を見ることが出来る

⚫︎物体の形状変化を知ることが出来る

⚫︎経験値が高まる

⚫︎食に興味を持てる

⚫︎親子のコミュニケーションが図れる

…etc.

cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com

サンタさんのミス?

昨日はムスメちゃんの保育園のクリスマス会だった。

じっくり観察派の我が子。もしかしたらステージで固まって動けない(ように見える)かもなぁーなんて思っていたんだけど(参考記事https://cotoca-senju.jp/656/)。

輝きベビー®︎仲間のayaママさんに倣って、事前に伝えておいたからか(https://ameblo.jp/kagayakibaby-yuki/entry-12335713446.html)、かえるさんの台詞もお歌もすんなり出来た★ 何よりムスメちゃん自身が楽しんでる様子が見て取れて、微笑ましくホッとして、びっくりでもあった。

で、こども達と保護者みんなで集まって撮影会。最後にサンタさん(園長先生)がお菓子入りの靴下の工作を1人1人に配ってくれた。

帰って来てからもよっぽどイベントが楽しく、そしてやり遂げられて嬉しかったのか、ずーっと劇をやったり歌ったり、衣装を脱いでは着て元気いっぱいだった。

寝る前。今日楽しかったねー、がんばったねーって私が言ったら、お絵描きしながらまさかの一言。

「さんたさんきてくれたねー! おかしくれたよ? じてんしゃじゃなかったねー!」「ひとりひとりじゃなかったねー!みんなにだったねー!」

クリスマスには自転車持ってきてくれることになってるからね、うち(^_^;) &みんなにそれぞれ欲しいものを持って来てくれるんだよ、すごいねサンタさんじじよりお金持ちだねーなんて言ったことあるからね。

ほんと、こどもって物事をしっかり理解して覚えていて、いつもいろんな場面で驚かされる。。

「今日のサンタさんはがっこーに来てくれたサンタさんだからだよ。明日の夜はYちゃんだけのところに来てくれるよ」って言ったら「…やったー!!」

ふぅあぶない。ムスメちゃんの夢と希望を壊しちゃうところだったわ(・_・;cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com

環境設定!

先日、私が寝てる部屋に上がってきてムスメちゃんが一言。「したに、あそぶものがないの」(・_・;

確かにね。気になってたんだ。ムスメちゃんの環境が後回しになってるって。先に言われちゃったねー。。

体験会開催で、しばらく部屋を小さい子仕様にしてた ※ビー玉やダボなど口に入っちゃう小さいものは棚の高めのところに、音の出るおもちゃや叩いたりひっぱるものを手に取りやすいところや棚の低いところに配置してた。

終わってすぐ普段の配置に戻したけど、今度はハマってるおもちゃが無さそうな事が気になって。で、新アイテムの導入考えてる間に私が肺炎に。。

っていうときだったからああやっぱりって。で、その発言で私、再燃★ ムスメちゃんが保育園で不在の今日。本屋さん、セリア、キャンドゥ、ダイソーをじっくり回った。図書館にも。そして環境設定(配置換え)。

ムスメちゃん、帰ってきて、お部屋見渡して、こんな感じ。どんどん次々。

⚫︎「あ!これなに?どやってやるの?」秤のおもちゃ。ビー玉1つずつ乗せて、針がどんどんふれていくの一回ずつ見てる。全部入れ終わって「あー!」のクチ(*^^*)

⚫︎「これなに?」ランチ巾着。結ちゃんのがっこーのコップとかスプーンとか入れるやつ。買ったんだよ。そして今日買ったディズニーキャラクターの本(図鑑)渡した。「これは? これは?」キャラクターの名前、1つずつ確認。「しんでれら? ありえる? おさかなのやつ? ねんねするやつは? まじょの、このひとにわるいりんごをたべさすの」「んーとねー、はっ!これみたとこある!」

シンデレラ、アナ雪、チップとデール、ドリー… 知ってるのがいっぱいでうれしいんだね。今ままでグッズやDVD、絵本の裏表紙とかがっこーの歌とかでばらばらでディズニーに親しんでたから、今が買い時かと思って。ばっちりだった★

⚫︎ツリーと、図書館で借りた本を交互に指差して一緒って(*^^*)

もう、イキイキ!!

環境設定の大切さを身に染みて感じた1日でした。

cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com

「工作」について思うこと

今日は辛口ブログになります(もしかしたらいつもかなー)。

でもそれも、こども達の事を思ってのこと。なので許してください。不快な方は読まずにどうぞスルーでお願いいたします。

昨日は近くの公共施設で、クリスマスツリーカードの工作を家族3人でやってきた。

押し花の小さなパーツをボンドで画用紙に貼っていくっていう繊細な作業。2歳10カ月のムスメちゃんにはちょっとだけ難易度が高いかなーと思ったけど、いつもやってみればどうにかなってきたし、何よりお花や葉っぱの名前説明書が付いてたから作ったあとも「“これは◯◯の葉っぱだよ”とかお話出来る!素敵!」と思ってチャレンジ。

で、ムスメちゃんと一緒にやっていたんだけど。。

どうにも周囲が気になってしょうがない。

周りの、こどもに対するお母さんの態度と声掛けの内容が…(・_・;

こどもを差し置いて自分がどんどんやっちゃうお母さん。

横からガンガン口出すお母さん。

やり方を教え込むお母さん。。

周りはそんなお母さんだらけ。静かに見守ってるお母さんが1人もいない。

でもそれが普通なんだよね。。

(私はメソッドを習う前から、ムスメちゃんがもっともっと小さくて出来ることが限られてたときから、出来なくて当然なことを一緒にやってみてたし、極力口も手も出さなかったけど… それには理由があったから。理由は別の記事で)

ムスメちゃんはと言えば。

一度やり方を見せた後、最初は戸惑い模索しながらやっていたんだけど、見守っていたらそのうち1人でどんどん繰り返し、手についたボンドもどうにかしようとこすったり、持ち方や、どうやったらスムーズに出来るか作業工程も1人で工夫して作業に向かってる

作品自体の仕上がりも、最初は同じところばかりに花や葉っぱを貼ってたけど、そのうち自分で考えて、散りばめるように場所を考えながら貼りだした★

やっぱり、信じて見守る。口出さない。

そうすれば自分でわかる。考える力がつく。自信がつく。

そういうことよね。

もうね、顕著に現れてた。終わった後のこども達の顔や声に。

口出されて自分の思うようにやらせてもらえない子はなんとなくバツの悪そうな、くすぶってるというか、お母さんに「出来たねー!!」って言われても「… … うん」みたいなそんな感じだった。

どんどんお母さんがやっちゃう子は、勝手に終わらされて“もっと”っていうような顔してたり「次はこれやる~」って意欲を出してるというか、今度こそ自分でってリベンジ願ってる(でも「もう終わったでしょ!」とか言われちゃってるんだけどね…(T . T))。

それに、見本通りに仕上げるのがヨシって、大半のお母さんがしたがるんだよね。。

本当、ずっと前から思ってたけど誰のための工作だよ。。

※画像3枚目の押し花のキンモクセイ(1番小さな茶色いお花)だけお父さんが貼りました

cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com

ベビーシッター

友人から依頼があり、今日明日の夜、期間限定でベビーシッターをしている。

と言っても私が体調不良(肺炎)なので、私の旦那さんが。ムスメちゃんのことは私の父に見てもらって。本当にありがとう2人とも。あ、親御さんにはもちろんこの状況を理解して頂いた上でのお引き受け。

「この頃(7ヶ月)ってこんな感じだったっけ?」と、ムスメちゃんより小さい子を前に、特にじじが繰り返してる。そして甲斐甲斐しく抱っこ。うれしそう。

私も私なりに働き掛けるけど、うーん、もっと勉強したい・しなくてはって思った。

ムスメちゃんへの働きかけはその頃自己流でやっていて、今の学びを実践してるのは彼女が1歳半位からだから、実体験として弱いのよね。。すっと出てこない。学びがしっかりと身に付いてないんだよね(T . T)

それはこの間の体験会でも感じたこと。一緒に来ている月齢の低い弟くん・妹さんに対して充分に働き掛けが出来てないなぁって自分で感じていた。

今この経験をしているのは「ここを強化しよう」っていう課題が提示されているということなんだろうね。

オープンの時には胸を張って接することができるように、精進します。

こどもは自分をわかってる

ムスメちゃん。

苦手なシュートだけはやらない。ドリブルとかジャンプは楽しそうにやるのに。自分の思うように上手く出来ないのが辛い、親に見られたくないというムスメちゃんのプライド。

A君。

普段は「出来る子グループ」の中でやってるけど、今日はみんなが合同だったから、最初フィールドに出たがらなかった。

プログラムも、いつもみたいに元気いっぱいにこにこ生き生きしてなくて、つまらなそうに参加してる。。

自分の能力を発揮できなくて、レベルが低くて物足りないんだよね。夢中になれなくてつまらないんだよね。だってこどもは一分一秒も自分を伸ばしたくて、必死なんだから。

こどもは自分がわかってる。

やっぱりこどもってすごいなー。

※画像はお借りしています

cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com

大江戸 北千住店

朝のニュースをみてムスメちゃん「これなにー? たべてみたい!」。何かと思ったら雲丹。

じゃあ今日食べに行こうかってことで、最寄りの回転寿司へ。

カウンター席だけだから大丈夫かなーって思ったけど、くるくる椅子で回りながらも満喫。

職人さん、最初は無愛想だなって思ったんだけど(失礼!)、実は親切で「お子さんが食べるの?」ってお寿司の一貫を半分に切って出してくれたり、生姜やネギを乗せないで出してくれたり、色々気を配ってくださった★

座位を保てないお子さんには厳しいけれど、おすすめのお店です。

歌うことと脳の関係

「実は音楽も脳を活性化するということをご存じでしょうか。

音楽を聴くだけだと聴覚野だけを使いますが、一緒に歌うと前頭前野を使いさらに活発に脳を使うことになります。

大きな声で歌えば歌うほど効果的だと言われていますので、ストレス解消にもなるのでお子様と一緒に大きな声で歌を歌うということも日常の生活の中で取り入れてみてくださいね」←伊藤美佳先生のメルマガより。

そういえばムスメちゃんは生活の中でしょっちゅう何かしら歌ってるなー。私と、特に旦那さんが、頭の中のエンドレスぐるぐるを何度も口ずさんでたりしてるからその影響だろうと思っては来たけれど。。

私たち夫婦の音楽と言うと、例えばCMで「バイト探しはin◯eed♪」って耳にしたらしつこくずっと歌ってる、そんな感じ。そのうち「お腹空いたよなんか食ーべよ♪」って替え歌してたり…みたいな。「そうは言っても何もなーいよ♪」って答えたり(^_^;) この生活はムスメちゃんが生まれる前から2人でずっとそうだったから染み付いてるのよね。。(って言ってもムスメちゃん生まれてからはTVは殆ど付けないけど)

これからは「前頭前野を活性化させてる!」って思って堂々としつこく歌おう(*^^*)

※画像はお借りしています

cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com

あだちサンタウォーク

この間の日曜日に北千住で開催された「あだちサンタウォーク」。

正式な申込みは出来なかったんだけど、「町をぞろぞろ歩くんだから、くっ付いて歩けるんじゃない?」ってことで、行ってきた。

というか、私たち夫婦は講座の受講があったから、ムスメちゃんをじじにお願いして行ってきてもらった。

じじに写真をお願いしてあったんだけど「撮ったけど保存出来なかった」ってまさかのお知らせ。

「でも近くにいたおじさんがカメラで撮ってくれて、現像したのを届けてくれることになった」ってまさかの展開!!

で、先程頂いた写真がコレ。

こんなにいっぱいのサンタさん、ムスメちゃん喜んだだろうなー★

いや「さんたさんてこんなにいっぱいいるの!?」ってびっくりしたかな(^_^;)

https://www.google.co.jp/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000511.000007676.html

こどもはこどもらしく? ②

直接お話出来たお母さんには、こう伝えた。

「うちの娘もそうでした。場所見知りというか。。全然動こうとしない。他の子みたいにガンガン遊ぼうとしない。でも、すごく周りを見てるんですよね」「それって、他の子が遊んでるのを見て、あのおもちゃはああやって動かすんだなって学んでるみたいですよ。自分の手を使わなくても、自分がやってるのと同じくらいに見て学んで、研究してるらしいです」って(こんなスラスラお伝え出来なかった気がするけど。。言いたいことがあっても上手にお話出来ない私。涙。精進精進!!!)。

周りを良く見れる。観察力が優れてる。状況把握がよく出来るし、周囲で何が起きているか・自分の目や耳をフルに使って情報収集して判断している。

なんて才能なの!!

自分が動かなくてもそれが出来ちゃうんだから、下手したら いや上手く行けば将来、トップに立って人を動かすなんてこともあり得るかもしれない。

…ってなことは輝きベビー®︎の伊藤美佳先生から教わってきたんだけど。学んできたことと自分の実体験と、他のお子さん&お母さんに接し・感じ・伝えることで、自分の中でより1つに繋がったと思えた。

そして、『そういうタイプ』なのかもしれないですよって。

大人だって、自分の意思でガンガン行く人と、一歩引いて動く人といる。それは自分がそうしたいから、そう決めて動いてる

こどもだって一緒。赤ちゃんだっていろんなこと考えていて、いろんなタイプがあるんだよね。『元気いっぱい=こどもらしい』だけが正しい訳じゃない(なぜかそれが“当たり前” “あるべき姿“になってるけど)。

そうそう、消極的に見えてたムスメちゃん、話の続きがある。

今年の4月から保育園に行き出した彼女、数ヶ月前から先生に「朝来てからしばらくロッカーに寄りかかって動かないんです。みんなを見てるんです」ってちょっと心配されてた(がっこーイヤ期で泣いてたのもあって)。そう言われたら私も気になるし心配になるけど、「なんでだろ」「きっと理由がある」ってずーっと思ってた。

最近になって、自分の気持ちを話すことや状況説明とか伝達が以前よりもっともっと上手になって、わかってきたこと。

「みんなこどもだなー」って思ってるらしい。。

「ちいさいこがいっぱいってみてるの」「みんなおはなししないの」

自分はお姉さんだと思ってるのよね(^_^;) 2月生まれのくせに(^_^;) 極め付けは

「Yちゃんしょーがくせーになりたい!しょーがっこーにいきたい!」とか言うんだよ。。

『信じて見守っていれば大丈夫』

これに尽きると思う。

cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com