• Home
  • 作者別: cotoca-senju

超重曹のお話

昨日は「超重曹のお話会」というのに旦那さんと2人で行ってきた。

超重曹というのは、重曹の効力を10倍に引き上げたもの。無色透明の液体で、単純に水に重曹を溶かした訳ではなく、高圧で成分を凝縮させた…的なもの(企業秘密だから製法はなんとなくしか分からないけど)。

で、超重曹。

基本的にはナチュラルクリーニングのためのものなんだけど、洗剤に混ぜたりシャンプーに混ぜて毒性を中和させるだけじゃなく、花粉症対策・止血・野菜の農薬除去・アルコール分解なんて効能もあるらしい。

今回私達は「超重曹ってなに?」を知りたくて受講しに行ったんだけど、超重曹の話は最後の10分くらい(^_^;) 残りの(?)2時間50分は、人体と環境の話。これがまた、科学的なんだけどすごくわかりやすく、多方面から最新の事情(時には裏事情)を伝えてくれて、ものすごく興味深いものだった。

以下、ごく簡単にまとめ。それと、印象深い事のメモ。

*男性の精子減少&異常な精子の増加が昨今認められている(しっぽがない、アタマが無いなど)。

*最近は癌で1歳で亡くなる子も。生まれた時既に癌に罹患。余命1年(女性の大腸の不調が影響している)。

カラダはタンパク質で出来ている。タンパク質には遺伝子情報が含まれる。

*「免疫」=疫病を免れること。細菌を排除すること。細菌もまたタンパク質で出来ている。

*江戸時代の本当の平均寿命は73歳。感染病の死者は高齢者と乳幼児に多い。自然界では弱者は淘汰されるのが当然とされる。

水道に塩素を入れ、乳幼児が亡くならないようにする(井戸水による感染を絶つ)。人間による自然界のコントロールが始まる。

◎人間は、1万年の歳月を掛けて体内の免疫システムを作り上げて来た。それは元来、菌をカラダから排除する為のものだった。

科学・化学が生活に入り込んで50年の現在。それらミクロな粒子をカラダは「異物」と認識する。新しい物質をカラダは正しく判別出来ない。一番近いものとして、今まで通り「菌」として捉える。そして菌に対し通常行なう「体内で高濃度酸素=OH(活性酸素)を生み出して除去する」というシステムが働く。

→自分の細胞・タンパク質に対し高濃度の酸素を浴びせることになるため、生活習慣病という形で様々な不調が出てくる。

*体内にずっと残るもの。ずっと残る洗剤などの「香り」も自然界では不自然なもの→免疫が発動する。

*活性酸素を減らすには? 「しっかり噛んで唾液に水素を含ませる」事。

→高濃度酸素(OH) +水素(H)=H2Oとなって排出

唾液には重炭酸塩(HCO3)が含まれる。

重曹はNaHCO3。

「死」について伝える

私の娘には「おばあちゃん」が居ない。

私の母が7年前に、旦那さんのお母さんが10年前に、それぞれ病気で亡くなっているからだ。

「ひーおじーちゃん!ひーおばーちゃん!おばあちゃん!はすだのおばあちゃん!おやすみなさい!」

仏壇の、私の祖父母と“2人のおばあちゃん”に向かって挨拶をする。それが、毎晩寝る前の彼女の日課。

最近はあまり聞いてこないけど、半年くらい前かなぁ、ムスメちゃんが毎日のように聞いてきたことがあった。

「Yちゃんのおばあちゃんは? しんじゃったの?」って。

死んじゃった、亡くなってお空にいるんだよってことはもうずっとずっと前から伝えてあったんだけど、改めて彼女からそう聞かれるとなかなか難しかった。

どこまで、どう感じていて、何をどう知りたいのか。聞いてくる以上は知りたい・気になっている訳で。彼女の疑問、納得するのはどう伝えたらいいかなぁって。本当のことを伝えつつ、目では見えないことを彼女なりに理解できるにはどういう言い方がわかりやすいのかなぁって。。

⚫︎友達の実家にお邪魔した日。私の友達とお子さん(ムスメちゃんと3カ月違いのNちゃん)、そして友達のお母さんと一緒に過ごした日の夜。「ばばーばー♪ …ばばーがいたよ?」「Nちゃんのおばあちゃんは?」「Yちゃんのおばーちゃんはどこ?」っていうから、ちゃんと話した。珍しく、本当に“あれ?Nちゃんはおばあちゃんいるけど私には?”って不思議に感じてるみたいだったから。

Yちゃん(ムスメちゃん)のおばあちゃんは2人とも死んじゃった。Yちゃんママ(私)のお母さんはどこ?いないでしょ? Yちゃんパパのお母さんは? 2人ともお空にいるの。

Yちゃんママのお父さんは誰?「これ」(千住じじの写真指差して)。Yちゃんパパのお父さんは?だーじじ(蓮田じじ)でしょ? でもYちゃんママのお母さんいないでしょ? お空にいるんだよって。

⚫︎次の日。「Yちゃんのおばあちゃんは?」お空だよ。「おそらのしゃしんみたい!」 ⚫︎その夜。「みたい!おそらにとんじゃったしゃしん!」「ねぇねぇこれもしんじゃったの?」「みたい!とんでったしゃしん!」「じゃあー、んーとー、んーとー、これもしんじゃったの?」「さんにんともしんじゃったの?みたい!このひとがとんじゃったしゃしん!」

⚫︎その次の日の寝かしつけ。「Yちゃんのおばあちゃんたちは?おそらにとんじゃったの?どこ?」ってカーテンめくって窓の外見てる。 「うえのほう?」「もっともーっとうえのほう?」

…そしていつの間にか言わなくなった。

新しい情報が無くて飽きちゃったのかしら。。たぶん、気を遣って聞かなくなったって事ではないと思うけど。。毎晩でも、同じ言い方しか出来なくても、毎日でも伝えるつもりでいたから。

そして昨日。何かの拍子に久しぶりに家系図を書いた(今までも、伝えるために何回も書いていた)。

その時 “これは死んじゃった人”ってバツ印をした。「お母さんのお母さん、あとお母さんのおじいちゃんとおばあちゃんは死んじゃったでしょー?」って言いながら、赤いボールペンで。

「…ばつ!」彼女は頷きながら言っていた。

あの頃とはちょっと、態度が変わっていたように思う。

※画像はお借りしています

[お腹の中から始まっている]ことばの獲得

私もマスターインストラクターをさせていただいている「輝きベビー®︎」のメソッド。

メソッドの「9つのメガネ」(http://tensaikosodate.com/?p=730)で言うところの「ことば」が得意なムスメちゃん。これはお腹にいるとき&生後すぐからの声掛けの成果と思う。

私は胎児の頃から彼女の人格を尊重していて。というか単純に「この子は全部感じてる。言ってることをわかってる」って、私がなぜか疑い無く信じていて。

それで妊娠中はずーっと普通に、旦那さんや友達に話すのと全く一緒の感じで話してた。私がしてる事、目に映るもの、全部紹介していた(声に出してお話していた)。

「今日は寒いねー」

「お花が咲いてるよ。これは桜。ベビちゃんが産まれてくる“日本”ていう国の人達が大好きなお花でねー、すぐ散っちゃうきれいで儚いお花なんだよー」とか。

「今お母さんお料理中。今日は肉じゃがですよー」とか。

胎児は5ヶ月で音が聞こえ、7ヶ月からはお母さんの声を聞き分けるというし、骨伝導で伝わっているらしい。私は妊婦の時そんなこと全く知らないでやってたけど、それらの効果は妊娠中には既になんとなく感じてた。

「伝わっていた」。それを裏付けるエピソードが3つある。

1. 1週間の言い聞かせで逆子が治った

2. 言い聞かせ通りの日付で産まれて来てくれた

3. スルッと安産で産まれて来てくれた

特に2.の生年月日については、かなりそうだと信じてる。

私は彼女に「出来たら2月7日に出ておいでねー」って言っていた(お願い?してた)。

…っていうのは、私が昭和52年5月2日生まれだから。予定日は2月6日だったんだけど、どうせなら1日遅れの「平成27年2月7日」になって、親子でお揃い的になれたらなーって思ってた。だからそのまま伝えていた(^_^;) 「別の日でもいいんだけどね。自分が出て来やすい日でいいんだけどさ」とか付け足しながら(^_^;)

安産についても、いつも「頭を下に向けてねー、ぐるぐる回りながら出てくるらしいよ。お互い苦しみたくないねー、時間がかかると苦しいからさぁ。つるんと、スルッと、あっという間に出ておいでねー」って伝えてたおかげだと思ってる。それと、毎晩寝る前仏壇にお願いした効果(^_^;)

[9つのメガネ]すべての人は唯一無二の才能を持って生まれて来ています。それぞれ得意分野が違います。得意なところは、人の役に立つように使い、苦手なところは、人に助けてもらえばよいのです。得意分野を伸ばせば苦手分野が引き上げられていくのです。お互いに得意な能力を活かし合う社会が平和な世の中を作ります。

どのお子さんにもある唯一無二の能力を見つけられるように9つの分野に分けて具体的な活動として見える化しました。

これら9つの分野の活動を経験していくことで得意な分野も見つかり磨かれ、その能力を使い自分を活かして充実した人生を送る。この手助けをしていくための天才子育てメソッドです。

<cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com

[早速マネしてみた]世界遺産を知る

この間受講したモンテッソーリの講座。

お昼休みには日本モンテッソーリ綜合研究所併設の「こどもの家」を見学する時間があったんだけど(私は見学2回目)。

もうもう、改めてほーんと宝の山★ こんなところで毎日生活してたらこどもは本当にしあわせ、すくすく育つだろうなぁ、本当に人生輝かしく生きて行けるだろうなぁって感動した。。

こんなにたくさんの教具や用具は用意できないけど、少しでもcotocaで提供したい、まずはムスメに活かしたいと思ってちょっとずつ仕込んでた。

で。今日、届いたものがこちら。

「世界遺産ミニチュア」

これが届くまで、図書館で借りて来た世界遺産の図鑑&DVDを見たり、彼女に内緒でカードを作ったりしていた。

ムスメちゃんは、図鑑の中でも何故か自由の女神がお気に入り。

この間の雪の日、町に貼ってあるポスター(ピースボートだったかな)に自由の女神を見つけて以来、彼女にとって近しい存在になってるみたい。いつも、図鑑で開くページは自由の女神(^_^;)

そんなこんながあったから、届いた瞬間「なぁにこれ? Yちゃんの? あけて! …じゆーのめがみ?」って喰いつく喰いつく(^_^;)

おかげで10種全部、カードと照らし合わせてみたり、世界地図と照らし合わせてみたり、満喫出来た。

お風呂入る前のちょっとした時間の出来事だったから、明日はどうだろう。それがちょっと心配…(^_^;)

まぁ「紹介」出来たらそれでいいからね。

こどもの内服薬にステロイド!?

先週は、火曜旦那さん→水曜私→木曜ムスメ、と順番に高熱を出した。インフルエンザの検査をしたけれど、とりあえず全員陰性。

週が明けてやっとみんな落ち着いた、そう思ったら今朝またムスメが熱発(これは多分週末にプールに入ってしまったからと思う)。。

言いたくない、言いたくないけどオープン前のこの忙しい時に完全なロスタイム。。

家族の時間をより大切にというお達しかしら。。

という中で思い出したこと。

それは【小児の内服薬にステロイドが入っていた事がある】ということ。

ムスメの小児科は北千住駅すぐのMディス(本当は気になる小児科が別にあるんだけど。そもそも最近病院にはあまり掛かりたくなくて…)。

でも夜間外来などはもちろんやっていないから、どこか救急で往診に来てくれるところも他に探しておこうと、生後7-8ヶ月の時に思い付いた。

そんなとき友人から「おばあちゃんが亡くなる前、夜間に度々往診に来てもらったところが千住にある」という話を聞き、そちらを受診してみることに。

町の医院だからMディスより空いているし、カルテ作っておけば何かの時に安心と、しばらくそこを併用していた。それにこどもの風邪の処方薬は大抵「アス・ペリ・ムコ」だしね。。

(※最近はなんでもかんでも病院!は辞めたけど、その頃はすぐ病院だった。しかもペリアクチンは抗ヒスタミン薬で脳内移行があるとか…(T . T))

で、ある時。

風邪でそのS内科にかかった時、いつもとは違う薬を出されたらしい。

「らしい」というのは、その時同時に皮膚科の良いところを探して彷徨っていて、お薬手帳を見た皮膚科2軒で指摘されて知ったから。

O医院「ステロイドが嫌だって言ったって、この飲み薬ステロイド入ってるよ」

Kクリニック「こどもの内服薬にしては結構な量が入っていますね… なんでかな… 服薬は様子を見たほうが…」

衝撃だった。

いつもは貰ったお薬を全部検索してチェックしてるけど、たまたま怠ってしまった。そんな時に限ってそんなことが起きているとは。

そして説明もされず、ステロイドが「内服で」「こどもの風邪で」入っているとは。

しかも皮膚科医が首を傾げる程大量に…

私がS内科に通わなくなったことは言うまでもない。

今回私の発熱で薬局に行った時、この事を思い出し(もう1年以上前の事だけど)、質問してみた。

「こどもの風邪の内服薬にステロイドが入ってる事って一般的ですか?」って。

薬剤師さんは「病状によっては医師の判断で使うこともあるでしょうね」「でも説明がないということはあまりないかなぁ…」と言っていた。

病院にかかる場合、きちんと成分チェック&飲む飲まないの判断は自分で、というのがマストになってくるなぁ。。と改めて思うのでした。

ステロイドの実体験記事はコチラ

https://cotoca-senju.jp/1465/

すくすく子育て–スマホ育児−を観て

最近は「伝え方」を学ぶために、意識的に見ているこの番組。

「なんとなく、良くないとは思うけど…」「どんな弊害があるの?」正しいスマホとの付き合い方を専門家と共に学びます!

というのが今回の内容。以下、抜粋・まとめ。

【使用パターンとその理由、コメント】

⚫︎オムツ替え中ずりずり動いてしまう。こどもの注意を引くためにスマホ使用(メリーの台座にゴムで瞬時に固定!慣れた手さばき&オムツ替えにスマホ?って個人的にはびっくり)

→「オムツ替えや着替えはコミュニケーションのチャンス。それをスマホで対応するのはもしかしたら影響が…」

⚫︎ママ友から教わった「泣き止ませ動画」。「生後3ヶ月頃からすごく泣くようになってしまって…」

→寝そべったり横になったりしながら見る。見る角度によっては「正確な位置情報」を得られなくなるという弊害が。

目の発達のため出来るだけ外遊びを by 小児眼科医

⚫︎運転中、ケータイ要求(何も用意してなければそりゃ暇だよね 汗)

→「電車、バス、ベビーカーなど振動NG」 ⚫︎「5分だけだよ」。

→この子の場合はしっかり5分で辞められている(輝きベビー®︎的な見方をすると事前の声掛け、枠組みの提示が有効に働いている)。

時計を見せてあげて時間の感覚を身に付けさせる。自分で「5分」で辞められるように。

⚫︎新しいアプリで常に刺激(パパ) ※IT英才教育

→お父さんの得意分野で声掛けしながら接している、お母さんはそれとは違うスタンス、両者のバランスがあるから◯。

⚫︎1日で見せる回数を守る。ほかの遊びに誘い自尊心を高める by 先生

⚫︎スマホは特別な時間だけ。特別なときだけ見られるあなたはかっこいい! by 優木まおみ

⚫︎でも大人はずっとやってる by アンガ山根

⚫︎スピードが早い、色使いが奇抜、点滅が激しいなどのコンテンツは避ける

⚫︎スマホの情報、信じて良い情報かどうか。親がその姿勢を持ちこどもに見せること。メディアリテラシーの力を育む。

【感想】

冒頭「スマホとの付き合いを考えるのは育児を考えること」と先生が言っていたけれど、本当にその通りと思う。山根さんがサラリと言ってたけど、大人の日常にスマホは入り込んじゃっているから。

環境にスマホが存在すれば、吸収&模倣期にあるこどもは当然興味を示す。単方向的ではあるけれど刺激物なのは間違いないし。

どうやって泣き止ませていいか分からないからスマホを使ってしまう。子育てが分からないから授乳中にスマホで調べてしまう。スマホにどんな弊害があるか知らないから使ってしまう。。

お母さん、一人で大変なんだよね。だって誰も助けてくれないし。誰も教えてくれないし。一人で模索しながらやって行くしかない。

結局、子育てを教えてくれる人が身近にいない・教わる機会がないということ。そしていわゆる「ワンオペ育児」という社会的な状況が背景にあるって思った。

下記、参考になれば。

*こどもの行動には全て理由がある。「泣いている」なら「泣き止ませなくちゃ!」でなく「どうして泣いているか」。おっぱい、オムツ、肌着のシワ、暑い寒い、離れていて不安…。泣いてこどもが教えてくれている。 >

*3歳までは愛着形成を基礎付けて行く時期。目と目を合わせる、声を掛ける、手を握るなど安心を与えることを第一に「基本的な他者への信頼感」を育めるようにしたい。

自然界の不規則な動き(鳥が飛ぶ、葉っぱが落ちる)などを意識的に見ること。単方向では鍛えられない目の筋肉を鍛えられる。

※画像はお借りしています

cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com

【たまカウンタ】と【生後何日目カメラ】

出産前に入れておくと良いと思う、おススメアプリはコチラ★

旦那さんがhttps://cotoca-senju.jp/1536/のカウントで使ってたのがこの【たまカウンタ】。指先1本で陣痛スタート&ストップを記録できる優れもの。

このアプリがなかったら、私は陣痛の一波一波をとても乗り込えられなかったと思う。。

もう一つのおススメは【生後何日目カメラ】。

2015年当時、iPhoneにしかなかったアプリなんだけど今どうなんだろう。

生後、可愛すぎてついいーっぱい撮っちゃって、数日で「あれ… これ生後何日だっけ?」ってなった(^_^;) 早々にデータ整理しようと思ってた時、なんかいいのないかなーって検索して見つけたのがこれだった。

撮った画像に生後◯日(◯カ月)、年月日+時間が自動で追加されるっていう便利なもの。これなら、何枚撮っても年月が経っても、日にちが分からなくなったりしない。

私は退院してから使い始めたから生後6日とかからだけど、せっかくだったら「生後0日目」をGETしたかったなーと思った。

以上、妊婦さんにおススメのアプリでした。

【内科医実践証明済み】インフルエンザ対策

この間、知り合いの歯科医師さんが記事をシェアしていた。

気になって見てみたその方法は「20分毎に飲み物を飲む」というもの。

インフルエンザウイルスがノドの粘膜に吸着して感染するので、その前に飲み物で胃に落としてウイルスを殺す…ということだった。

内科医や薬剤師も実践していて、事実インフルエンザにはかかっていないらしい。

これはシンプル。意識すればこどもにも出来る(これはシンプル。意識すればこどもにも出来る(こどもに20分ごとにはね… ちょっとタイヘンだけど…)。

でも掛かってしまうよりははるかに良い。やらなくては。

それぞれの出産エピソード

https://cotoca-senju.jp/1512/の「出産話」、FBにリンク貼ったらいろんな「お母さん」が自分の場合は…ってコメントくれた(*^^*)

皆それぞれ固有で特別なものを持っていて。

それって、こどもが向こう(お空)で「自分はこの人の元でこうやって産まれる」って決めて来てるから(というのを私は信じてる)。それがすごく興味深く感慨深い。「親子」の貴重な話がたくさん詰まってる。

出産エピソードのシェア、妊婦さんに参考になるだろうな。

そういうイベント、cotocaで開催したい。

(って、お店をオープンするって決めるずっと前、母親学級にOGとして参加して体験談を話した時、こういう機会が日常的に必要だって強く思ったんだよね。。もしかしたら親子カフェであるcotocaが妊婦さんを特別に思っているのは、それが根底にあるのかなぁ)

※画像はお借りしています