「幼児教育=教育ママ」という私の誤認

今でこそ、輝きベビー®︎だとかモンテッソーリだとか【幼児教育】に興味を持ち、cotocaに取り入れようとしている私だけれど。

でも元々は一切、興味なかった。むしろ嫌悪感があったくらい。

私はずっと幼児教育・知育・育脳といったこと全般に嫌悪感を持っていた。英才教育・お受験対策、大人がこどもをコントロールして無理矢理教え込むことだと思っていたから。。

そんな私が幼児教育に イヤ、モンテッソーリ教育にハマったきっかけは、FBに流れてきた輝きベビー®︎の広告を見てメルマガ登録をしたこと。

娘が生まれてから1年ちょっと、育児に指針がなく右往左往していた私。その広告の「ママはこれだけ読めば大丈夫」「1日1分」というフレーズに『“これだけ”でいいなら』『嫌だったらすぐ解除しちゃえ』と触手が動いた。

「天才スイッチ」とか「天才子育て」という部分には、興味がないどころか「そういうのは求めてないけど…」と実はちょっと引いてた(先生スミマセン(^_^;))。

私は『元気いっぱい育ってくれればそれでいい』『私が経験したみたいに、マイナスな影響を大人から受けて育てるのはどうしても避けたい』と思っていた(私は自分自身をアダルトチルドレンだったと認識しています)。

*輝きベビー®︎のベースとなるモンテッソーリの部分、「こどもが本来持つそのままを伸ばす」という教育法

(生命プログラムに基づく&大人がこどもの成長の邪魔をしないという考え方と環境の用意)

輝きベビー®︎のコーチング部分、「こどもへの効果的な関わり方」

輝きベビー®︎の育脳部分、「おうちでどうやって遊べばこどもが伸びるか」

を具体的に知れたことで、私は「この子が本当に欲していることを提供できる」「より良いコミュニケーションが図れる!」と感じ、その後は私の子育ての軸・指針となりました。

私がcotocaの主なお客さまと考えているのは0-2・3歳、保育園や幼稚園に入る前の「子育て初心者ママ」&お子さん・そして妊婦さんです。

子育てについて「知りたいけれど知れずにいる」かつての私のように本当に何も分からない人、幼児教育に興味のない人にこそ、この考え方・方法を知って欲しい、知って楽しくラクに子育てして行って欲しい。cotocaで実際に体感して欲しいと思っています。

cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com