シェア

シェアさせて頂きます!!!

【いつも怒られている子は知能指数が下がります】

親にいつも叱られている子どもは、その声を聞きたくないために排除しようとエネルギーを使います。不快な思いを人は排除しようとします。いつも「ダメでしょう」と言われる回数が人より多ければそれだけ、不快な思いを常にしているので、それを回避するために頭を働かせます。笑って見せたり、ご機嫌を伺ったり、わざと変な事をして気をそらせたり叱られないような努力をしています。

—————-

「ダメ」と言われても何がだめなのかわかっていないことも多いのです。

なぜだかわからないけれども「ダメ」と言われ、でもいったいどうすれば良いのか分からずに行動が止まってしまいます。

言葉も出て来ません。

「ダメダメ」の言葉は、人の行動を止まらせてしまうのです。

一方で「ダメ」と言われる回数の少ないお子さんは、やりたい事に没頭できます。

やりたい事をしていても止められることがないので、夢中になってやり遂げることができ、心が満足感で満たされます。

やり遂げる事ができるので、自分にも自信が持てるようになります。

この循環が学習へと繋がっていくのです。

本来その子の力が発揮できるように導いていくことが、能力を研ぎ澄ますことになるのです。

「ダメ」と言いたくなったら、その理由を考えてみましょうね。

《天才子育て手帳》

http://tensaikosodate.com/?p=2212?1227fb

[こそだて喫茶cotoca]

東京都足立区千住2-18

03-6320-2736

https://cotoca-senju.jp/access/

open 9:00-17:00/close 日・月・祝日