開店準備+転園準備

実は4月からモンテッソーリの保育園に転園するムスメちゃん。だけどお店の準備で今日まで全く何も準備してなかった。ならし保育とは言え、明日は初登園。さすがに今日準備しなきゃまずいって、慌てて再度書類に目を通す。で、諸々慌てて購入。

「Yちゃんおねーさんになるから」

そう言って歯ブラシ立てから自分のを引っこ抜いて、自分で選んで買った歯ブラシケースに入れたり、おしぼりケースに入れるため畳んだおしぼりを濡らして絞って…って1人でやったり、「お姉さん」に憧れ実行しようと頑張るムスメちゃん。そんな姿を見て、微笑ましく、誇らしく思う私。

絞ったおしぼりをケースに入れようとして、「きっちり」「きれいに」入れたいらしく、何度も何度もやり直す。そして怒りだす。

「できない!!!」

おっとこれは大騒ぎになりそうだぞー、そう思って私はこう言った。以下、その後の家族の会話。

「大丈夫、今度からはがっこーのお兄さんお姉さんが教えてくれるから(園は縦割りクラス)」by 私

「そうそう、先生じゃなくてお兄さんお姉さんが教えてくれるんだよ」by 旦那氏

「面白いでしょ。Yちゃんお兄さんお姉さんが好きだからさ、多分このがっこー好きかなーと思って。それで探して来たんだよ」by 私

「でもお父さんもお母さんもK園(今の保育園)大好きだったから変わっちゃうの悲しいんだけどね…」by 旦那氏

「そうそう、だから迷ったんだよ。どうしようかなー、新しいがっこーに行くのと今のままK園に行くのとどっちにしようかなーって。

でもせっかく新しいがっこーの先生もお兄さんもお姉さんも“Yちゃん来ていいよー、おいでー”って言ってくれたから、行ってみようと思って。大丈夫、多分楽しいよ。嫌だったらまたK園に戻ればいいから」by私

今までメソッドを学んできただけあって、穏やかに対応出来てる&上手に伝えられるようになったなーって自分でも思った(*^^*)

新しい園に移るのは少しは不安もあるけど(親自身が(^_^;))、未来の楽しさをコトバで娘に伝えること。

私たちが思っていることをきちんと伝えること。

今までの園の楽しさ・大好きだったことも忘れず伝えること。

万が一新しい園が合わなかったとしても、方法はいくらでもあるよって伝えること…。

意識してそうした訳じゃなかったけど、結果、それだけのことを伝えられた。よかった。

そして旦那氏の考え方&伝え方にも「やるなぁ」って密かに思った私であった。

【cotoca店長のこそだて手帖】

http://cotoca-senju.jp/category/kosodate_blog/

cotocaの子育ての指針

輝きベビー®︎ 伊藤美佳先生のサイトはこちら

http://tensaikosodate.com